ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

運動会の我が子をプロカメラマンが撮影!
“自分だけの感動写真”に出合えるサービス

加藤 力
2013年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「オールスポーツコミュニティ」サイトの画面例。マラソンの場合、当日付けていたゼッケンで写真が検索可能(画面はサンプルで、実際のものとは異なる)

 インターネットを活用した写真販売で、プロカメラマンと一般消費者をマッチングさせるユニークなビジネスで利用者数を伸ばしている「フォトクリエイト」という企業がある。

 同社は多くのプロカメラマンと契約し、各地のスポーツ大会やイベントなどにカメラマンを派遣して撮影。膨大な写真データを自社サーバーにアップする。大会に参加したユーザーは、案内チラシに記載されているパスワードを入力することで参加した大会にアクセス。自分や家族などが写っている写真を閲覧・購入することができるというもの。

 設立は2002年。サイバーエージェント出身の白砂(しらまさ)晃社長を含め3人での起業だった。その後、スポーツ大会から結婚式、祭り、学校などへ活動範囲を広げていき成長を遂げる。現在は社員97名、契約カメラマン1290人に拡大。年間の写真購入者は延べ69万人、サイトのユニークユーザーは年間577万人に上る。

 「東京マラソン」の公式フォトサービスとして認定され、今年の大会では68人のカメラマンを配置し合計138万枚の写真を撮影した。マラソンは同社の目玉競技の1つとなっており、昨年は510の大会で撮影を行った。

 マラソン以外にも「オールスポーツコミュニティ」と称するWebサイトには、80種目を超えるアマチュアスポーツ大会にカメラマンを派遣。とくに子どもがスポーツチームに所属する母親から高い支持を得ている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧