ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【最終回】 2013年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

夢想家で終わらない!
バラ色の未来を実現するために
今を変える戦略とは?

1
nextpage

明治時代に数多くの偉業を成し遂げた福沢諭吉。下級武士から這い上がり、渡欧米経験をもとに日本を文明開化へと導いた一人だ。彼の人生から垣間見えるのは、思い描いた未来を実現するために、今この現実世界で着実に努力を重ねる、したたかな「過渡期戦略」である。連載最終回は、未来を築くためのヒントを歴史から学ぶ。

未来への道:
わずか20秒で携帯電話を充電できる驚異の発明

 カリフォルニアに住む女子高生のイーシャ・クハレさんが「インテル国際学生科学フェア」で入賞したニュースが、先日報道されましたが、受賞した製品はなんとわずか20秒程度で携帯電話の充電が可能になる、まさに画期的な技術でした。

 ノートパソコンや電気自動車にも応用が可能とのことで、産業界からも大いに注目が集まっているそうです。

 モバイル機器が発達した現在、バッテリの残量が気になる人は多いと思います。これまで移動中でバッテリが切れる直前に、充電できるカフェを探して彷徨った私たちも、わずか20秒で充電が完了するなら状況は大きく改善される期待が持てます。

 充電がネックとなっているのは、最近街中で見かける電気自動車でもまったく同じでしょう。充電時間が大幅に短縮されるなら、一回の移動距離の短さは日常使用で問題にならなくなり、販売を確保しながらさらなる技術進歩の「余裕」を得ることが可能になります。

 この「インテル国際学生科学フェア」の素晴らしいところは、多くの学生の目を科学技術に向けさせて刺激を与え、彼らの才能を最大限引き出しているところです。その意味で、個々の才能と同じ程度「環境こそが」人の可能性を引き出す舞台となるのでしょう。

 人を育む舞台という意味では、福沢諭吉が創設をした「慶応義塾」も先進的・啓蒙的な学問を共に学ぶ場を創る目的で生み出されており、明治初期から優れた人材を輩出しています。

 優れた人を育てる場、個の才能を引き出す場を創る作業は、これから日本国内でもさらに加速していくのではないでしょうか。「場」の創造は、幕末明治初期の「私塾」にも見ることができますが、世界規模で大転換期を迎えている現在、企業であるインテルの「国際学生科学フェア」が、社会を変える可能性を秘めた発明を高校生から生み出す舞台となったことは、私たち日本人にも学ぶべき点が多い、素晴らしい成功事例だと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧