ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップPLUS

ネットで犯行予告をして、補導されてからでは遅い
子どものうちに身につけさせたい
ネットリテラシーをどう学ぶか?

石島照代 [ジャーナリスト]
【第20回】 2013年6月7日
1
nextpage

ネット上の掲示板での犯行予告、ネットいじめ、脅迫動画のアップロード、飲酒写真の公開……。これらはすべて子ども(未成年)が起こした事件だ。このようなネットリテラシーが足りない子どもの事件は後を絶たないが、事件を未然に防ぐためにはどうすればよいのだろうか。社会情報学、社会心理学が専門で、子どもとインターネットの関係についても詳しいお茶の水女子大学大学院・坂元章教授に話を聞いた。

「冗談で書き込んだだけなのに……」補導に戸惑う子ども

――子どもがネット絡みの事件を起こして補導されたという話は珍しくありませんが、きっと子どもは冗談半分でやっている。そして、お巡りさんに話を聞かれて初めて、自分がやったことの意味を知るわけです。ここに、因果関係のバランスの悪さを感じるのですが、なぜそのような状態になってしまうのでしょうか?

坂元 章
お茶の水女子大学大学院
人間文化創成科学研究科 教授
専門は社会情報学、社会心理学、教育工学。特にメディアが人間の認知的、社会的発達に及ぼす影響や、教育などにおけるメディア利用の効果について研究。社会学博士。東京大学文学部大学院修了後、同文学部社会心理学研究室助手、1993年、お茶の水女子大学文教育学部心理学科助教授などを経て現職。日本シミュレーション&ゲーミング学会理事、日本デジタルゲーム学会副会長。日本パーソナリティ心理学会理事、特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構理事なども務める。

坂元章教授(以下、坂元教授) ネット犯罪の場合、現実社会と違って簡単に悪いことができてしまうことが大きい理由だと思います。たとえば、学校で友達にケガをさせることは、すぐに問題だとわかりますし、それなりの労力もかかる。でも、ふざけてネット掲示板で犯行予告するのは簡単だし、やったらどうなるかはよくわからない。子どもが指先ひとつでやったことで犯罪行為が成立してしまう、つまり現実社会よりも行動の敷居が低くなっている。

 もっといえば、結果は自分が見ている画面からは遠く離れたところで起きるので、子どもにとって結果がイメージしにくいのではないでしょうか。簡単にできてしまうことで深刻な事態を招くということ、「爆破します」とふざけて書いただけでも現実社会と同じように補導、もしくは逮捕されるのだということは、きちんと子どもに教えなくてはいけないと思います。

――最近、スマートフォンを上手に操作している子どもをよく見かけますが、ネットリテラシーが必ずしもあるわけではないのでしょうか。

坂元教授 ネットリテラシーを「使い方」と「情報モラル」の両面で考えたとき、ネットに絡んだ事件を起こす子どもは「使い方」はわかっていても「情報モラル」が欠如しているケースが多いように感じています。

 以前、大学の入試時に携帯電話(ガラケー)を使ったカンニング事件が発生し、大問題になりましたが、それも同じです。問題の受験生は試験監督がいる中、携帯電話で、長文の英語や複雑な数式を親指一本で、画面を見ずに入力したわけです。こんなこと、普通の人はなかなかできませんよね。

 そんなすごい技術は持っているのに、そういうことをしたらIPアドレス(ネットワーク上で端末を識別するために個々に割り振られた番号のこと)をたどられてどの携帯から発信したかわかってすぐ捕まるということには無頓着。要するに、情報モラルの水準とスキルの間に天地の差があるわけです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップPLUS

大好評連載「コンテンツ業界キャッチアップ」の特別バージョン。デジタルエンターテインメント業界注目の新商品やサービスを紹介します。

「コンテンツ業界キャッチアップPLUS」

⇒バックナンバー一覧