ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日本市場を左右する外国人
その需給動向を見極める方法

2008年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

リアルタイムに判断する指標 外国人投資家の動きをつかむ 日本市場のパフォーマンスには若干の改善が見られるものの、需給動向などに大きな変化はない。外国人投資家次第で変わる他力本願の構造はそのままだ。今後とも外国人の買い越し基調が続くのか、それとも売りに転じるのかの見極めが必要である。

 外国人の動きを手っ取り早く知るには、まず東京証券取引所が発表する投資主体別売買動向がある。左のグラフの外国人売買動向は、最近のCTAの隆盛を鑑み、先物・オプションを加味したものだ。

 ただし、東証の投資主体別売買動向は1週間遅れで発表されるため、リアルタイムの動きをつかめない。そこで、非公式ながら市場情報として公表されている「寄り前の外資系証券売買動向」を参考にすることになる。

 上のグラフ、寄り前の外資系証券売買動向は、5日移動平均線である。基本的には外国人売買動向に沿った動きとなっている。ただ、時折一部の外資系証券の偏った売買動向によって、まったく異なった動きをすることもある。非公式データであるだけに鵜のみにするわけにもいかない。

 複合的に外国人の売買動向を判断するのに参考となるのが、シカゴ商業取引所で売買されるCME日経平均先物とADRの動きだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧