ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

“打倒ユニクロ”を目指す新勢力が続々!
「あったかインナー」商戦が激化する理由

2009年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

これまでおしゃれな女性たちから「ババシャツ」と敬遠されてきた冬の必需品「インナー」。ところが最近では、保温性が高い上にスマートなシルエットを実現した「あったかインナー」が飛ぶように売れている。「ヒートテック」で独走を続けるファーストリテイリングに続けとばかりに、あらゆる業態の企業が参入し、一大商戦の様相を呈しているのだ。 各社がしのぎを削る「熱い冬」の行方を占ってみよう。(取材・文/プレスラボ 吉住夏樹)

 「厚着感があるインナーは着たくない。冬だって、スッキリとオシャレを楽しみたい」

 これから冬を迎えるにあたり、世の女性たちはこう思っていることだろう。

 これまで冬に着る「インナー」と言えば、少しデザイン性に欠けた「ババシャツ」と呼ばれるものが主流だった。重ね着をするとどうしても「モコモコ感」が出てしまうため、おしゃれに敏感な若者のなかには、「寒くてもインナーを着ずにガマンする」という人も少なくなかった。

 「細身な冬ファッション」を楽しめるコーディネート・アイテムへのニーズは、年々高まっている。

 そんなトレンドを反映してか、最近この「インナー」が劇的な進化を遂げていることを、ご存知だろうか? 様々な改良を施され、今や女性だけのものではなく、老若男女が活用できる「あったかインナー」として進化しているのだ。

 とりわけこの冬は、「細身」「保温性」「コーディネート・アイテムの1つ」をキーワードに、各メーカーから続々と「あったかインナー」が登場。参入プレーヤーは、カジュアルブランドから大手ショッピングセンターまで業態を問わず、さながら一大商戦の様相を呈している。

 各社がしのぎを削る舞台裏を覗きながら、にわかに到来しつつある「熱い冬」の行方を占ってみよう。

 そもそも「あったかインナーブーム」の火付け役となったのは、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(以下ファストリ)が手がけた「ヒートテック」だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧