ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相続はこうしてやりなさい
【第3回】 2013年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
税理士法人チェスター

「事実婚」や「再婚」は要注意!
遺産をもらえる人、もらえない人

1
nextpage

平成25年の税制改正で、相続税が大増税!そして増税もさることながら、相続にからむトラブルが急増中。しかし、実際に相続を体験する前は、どんなことがトラブルになるのかさえ、わかりません。新刊『新版 相続はこうしてやりなさい』から、相続専門の税理士が相続税のイロハを抜粋してご紹介します!

内縁の妻はNGだけど、胎児は認められる?
相続人になれる人、なれない人

 増加している「事実婚」相続の際は要注意!!きちんと手続きをしていないと、相続ができません。逆に、まだ生まれてきていない子や、認知された隠し子であれば相続人になれるのです。

 内縁の妻がいる方が亡くなった場合、内縁の妻には相続分があるのでしょうか?

 答えは「NO」です。

 内縁の妻とは、夫婦共同生活の実態がありながら、婚姻届を出していない男女関係にある女性を意味し、その実質は「妻」です。最近では事実婚と言われる籍を入れない形態も増えてきていますが、婚姻届を出しているかいないかによって、相続分に大きな違いが生じてしまいます。

 婚姻届を出していないだけで実質的には妻ですので、遺産を相続できなければかわいそうだという声もありますが、内縁の妻には相続分がないという事実は覆りません。ですから、この場合には別途遺言書を作成するなどの、生前からの準備が必要です。

 では、お母さんのお腹の中に赤ちゃん、つまり妊娠中にお父さんが亡くなって相続が発生した場合、胎児は相続人になれるのでしょうか?

 答えは「YES」です。

 民法上、胎児は、相続についてはすでに生まれたものとみなすと規定されています。このため、お腹に赤ちゃんがいる状況で、お父さんが亡くなった場合でも、お母さんのお腹の中にいる胎児は、法定相続人となるのです。 

 では非嫡出子の場合はどうでしょう。非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子のことを言います。

 答えは「YES」……但し半分になる、です。

 婚姻関係にない男女間に生まれた子どもは、認知されていれば相続人になれます。しかし、婚姻関係にある男女に生まれた子の相続分の半分になってしまうのです。

 ですから、たとえば子どもがいるお父さんが離婚をして、別の家庭を持ちますが、籍は入れていない場合があります。その現在の家庭、つまり内縁の妻との間に、子が生まれた場合、それは認知されていたとしても、法律では前妻の子の方が相続分が多いためモメる原因となります。離婚や再婚をした方は、生前からの対策や準備をしておくことをおすすめします。

では次のページでリアルな相続トラブルをみてみましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


税理士法人チェスター

相続税申告を専門に取り扱う税理士法人。揉めないための相続の生前対策や遺言の作成、相続関連セミナー等、相続に関する相談に幅広く対応。1案件20万円~で1カ月のスピード申告、という低価格でスピーディに行う業務スタイルは業界でも定評あり。東京、神奈川、千葉、埼玉を始めとする関東全域、案件によっては全国対応と活動拠点も多く、さらにネット上でも「税理士法人チェスター」HPのほか、「相続税還付.jp」「節税エキスパート」などを運営、幅広く活動している。


相続はこうしてやりなさい

平成25年の税制改正で、相続税は大きく変わりました。礎控除の額が縮小し、さらに最高税率が引き上げられるなど実質増税になったため、「相続税の重さ」を実感される方も増えるのではないでしょうか。しかし、実際に相続を体験する前は、どんなことがトラブルになるのかさえ、わかりません。新刊『相続はこうしてやりなさい』から、相続税のイロハを抜粋してご紹介します!

「相続はこうしてやりなさい」

⇒バックナンバー一覧