ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

LCCの株主を悩ませる
ジェットスターの増資問題

週刊ダイヤモンド編集部
2013年7月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

格安航空会社(LCC)の一つ、ジェットスター・ジャパンに、増資問題が浮上している。就航から1年が経過したが赤字が止まらず、資本増強が必至の状況で、追加負担に株主は頭を痛めている。

就航1周年を迎えたジェットスター・ジャパン。1円セールなど話題に事欠かないが、その裏で、新たな資金調達の懸念が浮上している
Photo by Toshiaki Usami

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが7月3日、就航1周年を迎えた。誕生から1年で搭乗者数の累計は160万人を突破した。同じく昨年に誕生したLCCのピーチ・アビエーション、エアアジア・ジャパンを上回るハイペースである。

 翌7月4日には、ローソンとの販売提携を発表。玉塚元一・ローソンCOOと共に、記者会見場に現れた鈴木みゆき・ジェットスター・ジャパン社長は、「インターネットでの販売だけではクレジット決済が中心になってしまう。コンビニエンスストアとの提携により現金決済が可能になった」と、販路拡大に自信を見せた。

 だが、就航1周年という晴れ舞台の裏側で、経営実態は火の車だ。現在、2度の増資を経て120億円になった資本金は、黒字化を見込む就航3年目までの運転資金という位置づけだったが、想定以上に赤字が膨らみ、早くも食いつぶしつつある。

 そこでささやかれているのが、増資話である。

 ところが、「もし今、追加出資の相談が来てもすべての株主が応じるとは限らない」とある関係者は言い切る。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧