ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
紙の神々 業界紙・専門誌探訪記

広告がないから遠慮せず、家電を超辛口批評
“読者第一”と“家電への愛”を貫く

週刊ダイヤモンド編集部 清水量介
【第2回】 2013年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 業界紙、専門誌を訪ねて回るこの連載。第二回は超辛口が売り物の「家電批評」の編集部にお邪魔した。

Photo by Ryosuke Shimizu

 「家電批評」といえば、広告をほぼ掲載しないかわりに、家電製品を遠慮なく批評することで知られている。その姿勢が読者の支持を得て、後発ながらモノ系の雑誌のなかでも異彩を放つ存在となっている。

 強烈な批判精神が漂う誌面から、編集長はさぞや、強面な人なのでは…と予想していたが、沢井竜太編集長は拍子抜けするほど物腰が柔らかかった。

 「家電批評」を出版する晋遊舎の創業は1995年。パソコン系の雑誌や、話題となったムック『マンガ 嫌韓流』を発行した出版社だ。「家電批評」は2009年に同社のモノやサービスを批評する雑誌「MONOQLO(モノクロ)」から、不定期のムック本として分離する形で創刊された。現在は月刊の雑誌となっている。

 沢井編集長は1975年生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、いくつかの出版社を経て、2009年に晋遊舎に入社。2011年から「家電批評」の編集長を務めている。

広告主におもねらず
製品の善し悪しをジャッジ

 沢井編集長によると、「家電批評」の方針は「広告主におもねることなく、製品の善し悪しをジャッジする」ことにある。

 出版業界にはモノやサービスを批評する雑誌は山のようにある。表紙には「辛口」などというタイトルが踊るが、実際に読んでみるとがっかりすることも多い。

 筆者は家電やカメラが好きで、その種の情報をよく目にするが、多くの雑誌の情報は生温く、価格コムなど個人が批評するインターネットのサイトの情報のほうがよほど役立つと感じることが多い。

 しかし、「家電批評」は違う。表紙に「やらせ一切ナシ!!他誌では読めない本気の製品レビュー」と謳っているが、本当にその通りなのである。スマートフォンからデジタルカメラ、エアコン、扇風機、洗濯機などあらゆる家電のチェックポイントが点数化され、あるいは「買ってよし!」などと評価されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


紙の神々 業界紙・専門誌探訪記

インターネットでの無料の情報の氾濫や、ソーシャルネットワークの流行。それらの影響を受けて、新聞や雑誌が苦境に立ってから久しい。しかし、メディア業界を見渡せば、業界紙、専門誌はまだまだ数えきれないほど存在し、新規創刊もある。その内容は充実していて、インターネットの無料情報では代替できないものが多い。業界紙や専門誌は一つの分野のことを掘り下げる。中にはとても狭い業界、分野を信じられないほど深堀する媒体もある。なぜ、その業界や分野にそれほどまでに魅せられるのか。どのような取材、編集をしているのか。扱う業界や分野の現状とは…。無からコンテンツを創造する“紙の神々”の生態に迫る。

「紙の神々 業界紙・専門誌探訪記」

⇒バックナンバー一覧