ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

PS4の日本発売を遅らせ
割安にするソニーの賭け

週刊ダイヤモンド編集部
【第913回】 2013年9月17日
1
nextpage
PS4の日本での戦略を発表したSCEの河野弘取締役
Photo by Wakako Otsubo

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が今年11月に発売する「プレイステーション(PS)4」で、イチかバチかの賭けに出た。日本での発売を来年2月にずらし、規模の大きな欧米市場を優先、価格も従来と比べると低めに設定したのだ。

 欧米市場ではクリスマス商戦が最大のヤマ場。そこで、ハードを優先的に供給することで、品切れを防ごうというのが狙いだ。現に8月時点で予約が100万台を突破し、「計画以上の注文を受けた」(アンドリュー・ハウス・SCE社長)と手応えを感じている。

 価格も4万1979円(税込み)と、2006年に出したPS3が発売当初5万~6万円していたのとは対照的で、割安なのが特徴だ。PS2が1億5500万台を販売したのに対し、PS3の販売台数はその半分にとどまるなど、市場縮小が続いていることが背景にある。発売当初は売れれば売れるほど赤字となる逆ざやが発生するが、市場活性化のために価格には、あえて目をつぶった格好だ。

 SCEは、もはやPS4で失敗は許されない。ソニーにとって、ハードとソフトの融合を具現したゲーム事業は「中核」(ハウス社長)だからだ。

 ソニーの大株主で米投資ファンドのサード・ポイントは、同業他社より収益性が低いとして、ソニーのエンターテインメント事業の分離上場案を提案したが、ソニーはそれを拒否した経緯がある。それだけに、その判断が正しいことを証明しなければならないのだ。

 任天堂の「Wii U」も、昨年11月の発売当初こそ米国で品切れが続出したものの、その後、魅力的なソフトが続かず失速している。ソニーのPS4も同じ懸念を払拭できずにいる。

次のページ>> ソフト供給に残る不安
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2014年10月25日号 定価710円(税込)

トヨタを本気にさせた 水素革命の真実
なぜトヨタは水素自動車に舵を切ったのか?

【特集2】
超高額物件も次々販売 高級マンションブームの裏側

  • 最新号を購入する
  • お得な定期購読
slecial-information
関連記事

DOLSpecial

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧