ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

自分流のフルスウィングをマスターしよう

金谷多一郎 [プロゴルファー]
【第26回】 2008年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アマチュアゴルファーの楽しみの一つは、ドライバーショットでロングドライブを放つことといわれます。ボールが左右に曲がっても、大きな飛距離が出ればそれで満足という人も少なくないようです。そこで今回は「飛ばし」について考えてみましょう。

 野球やサッカーなどでボールを速く投げたり、遠くへ蹴ったりするときは、全力を使って体を動かしていきます。ところがゴルフの世界では、なぜか思い切り体を動かすことがタブーとされる風潮があります。「8割の力で振るのが飛ばしのコツ」といったセオリーがあるせいか、多くのゴルファーは体の力をフルに使っていません。

 体の動きをセーブしてパフォーマンスを高めることは、人間の体の仕組みを考えると非常に難しいことです。速いスピードで全身の筋肉をフルに使ったほうが、正確で反復性の高い動きができます。つまり飛距離アップのためには、もっと体を動かし、もっと力を入れてスウィングするべきなのです。

 いちばん力が出るスタンス幅(高くジャンプするときの幅)でアドレスをつくったら、トップスウィング時に右足だけの「一本足」で立てるように、体重を右サイドへ移していきましょう。体がふらつかずに一本足で立てる状態が、あなたにとって最大の重心移動であり、飛ばすための助走距離がいちばん長くなっているポジションです。そこからダウンスウィングで大きく踏み込んでいけば、最大のパワーで飛ばすことができるというわけです。

一本足で立った状態から、左足をアドレスの位置へ下ろす。これがあなた自身のフルトップになる
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

金谷多一郎 [プロゴルファー]

1960年1月2日生まれ、東京都出身。84年プロ入り。卓越した理論とわかりやすい指導法が人気のカリスマコーチ。数々のメディアで活躍中。


金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

多忙なビジネスマンがゴルフに費やすことができる時間はそれほど多くないと思います。そこで、合理的に「楽しく」上達できる方法をレッスンします。

「金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習」

⇒バックナンバー一覧