ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らなかったでは損をする!医療費節約の裏ワザ
【最終回】 2013年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
早川幸子 [フリーライター]

アメリカの自己破産の6割は医療費が原因…。
海外旅行先の高額な医療費に気をつけよう!

previous page
2
nextpage

アメリカの自己破産の6割は
高額な医療費が原因!

 自由と個人主義を重んじるアメリカは、健康保険を強制加入にすると自助の精神を損なうとして、日本のような国民皆保険の導入には反対する声が大きいようです。

 もちろんアメリカにも国が運営する健康保険はありますが、加入できるのは高齢者と低所得者だけ。それ以外の人は勤務先などを通じて民間の医療保険を契約しますが、2008年時点で何の保険にも入っていない無保険者が全米に4570万人もいました。

 企業は、優秀な人材を集めるために、質のよい民間保険と契約することが求められ、その保険料が企業経営を圧迫する原因にもなっています。でも、中小零細企業は高い保険料は負担できません。たとえ加入しても安い保険だと、難癖をつけて保険会社が医療費を払ってくれないこともあるようです。

そんな現状があるため、アメリカで自己破産した人の6割以上は医療費が原因。ですが、そのうちの8割以上が民間の医療保険に加入していたというから驚きです。

 公的な医療保険制度を導入するという公約を掲げていたオバマ大統領ですが、保険会社からの猛反撃に合い、当初の意気込みはあえなく収束。一応の改革は行ったものの、民間の医療保険の加入を義務付け、その保険料を税金で補助することにしただけです。アメリカではますます医療破産が増えるのでないかと危惧されています。

日本の健康保険は強制加入
実はメリットが多いスグレモノ

 日本では、健康保険に加入することを法律で義務付けているので、「私は必要ないから入らない」ということは許されません。収入に応じた保険料も払わなければいけないので、健康保険の強制加入に反発する人もいるようです。でも、国が運営する健康保険がなかったら、病気やケガをしたときどうなるのでしょうか。民間の保険と比較して、国が健康保険を運営する意義を考えてみましょう。

 保険というものは、病気の人ほど加入したいと思うものです。でも、民間の保険会社の立場からすると、健康状態の悪い人ばかりが医療保険に加入すると、病気になる人が多くなって給付金をたくさん支払わなければなりません。そうなると加入者から集めた掛け金(保険料)だけでは、支払いに支障をきたす恐れもあり、保険会社は利益を上げられなくなります。保険会社の使命は、契約条件に沿って保険金を支払うことです。そのため、保険会社では、保険の対象になる人の健康状態などを事前にチェックして、加入させる人・させない人を選別しています。

 安定的に利益を上げていくために、保険会社は病気やケガをしたときに給付するお金は少なくしたい。それには、病気にならない健康な人にたくさん加入してもらうのがいちばんいいので、タバコを吸わない人の保険料を割り引いて、病気になるリスクの低い人が加入してくれるような工夫をします。反対に健康状態の悪い人の加入は断ったり、通常よりも割高な保険料を徴収したりしています。

 健康な人は安い保険料で保険に加入できておトクですが、病気がちな人は保険に入れなかったり、高い保険料を払わなければいけません。でも、営利を求める民間企業では仕方のないことで、彼らに国民の健康を守る義務はないので責めることはできません。

 でも、これと同じことが、国の健康保険で行われたらどうでしょうか。

 病気がちな人は健康保険に入れず、医療費は全額自己負担。お金がなければ医療を受けることができなくなります。療養が長引けば家を売っても医療費が賄いきれないかもしれません。治療を続けることを諦める人も出てくるかもしれません。

 実際、戦前の日本では、農村部や都市部の貧困層で重い病気にかかると家や田畑どころか、子どもを身売りしなければ医療を受けられないという悲劇が常態化していました。強制加入の健康保険は、こうした悲劇をなくすために作られた制度なので、お金のあるなしにかかわらず誰もが平等に医療を受けられるような設計になっています。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

    1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


    知らなかったでは損をする!医療費節約の裏ワザ

    知っている人だけが得をする!医療費の裏ワザとトクする情報。手続きだけでお金が戻ってくる「高額療養費」の情報から、自治体で差がある子どもの医療費、大病院に直接行くとムダにお金がかかるなど、ちょっと知っているだけでトクする情報満載。『読むだけで200万円節約できる!医療費と医療保険&介護保険のトクする裏ワザ30』より抜粋して連載します。

    「知らなかったでは損をする!医療費節約の裏ワザ」

    ⇒バックナンバー一覧