ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

ハイブリット車は主力製品にならない!
車文化を食い潰した日本には真似できない
欧州自動車メーカーの腹のくくり方

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第35回】 2010年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 トヨタ・ベルギーの関係者が、あっけらかんと言う。

 「ウチもそうですし、他のEU各国でも、例のリコール問題の影響はほとんど出ていませんよ」。

 トヨタは、カローラファミリーの欧州主力製品「オーリス」に1.8リッターハイブリッド投入を発表。さらに同ユニットは、レクサスのエントリーモデル「CT200h」にも搭載される。

 三菱自動車関係者が、筆者の問いに少し困った顔で言う。

 「え~、まぁ~そうですよね、フランス企業との関係構築は難しいですし・・・」。

ジュネーブモーターショーで、新型コンパクトSUV「ASX(日本ではRVR)」を発表する三菱自動車の益子修社長

 その会話の直後に行われた、新型コンパクトSUV「ASX(日本ではRVR)」の記者会見。壇上の益子修・三菱自動車社長の表情に疲れが見えたのは、筆者の気のせいではなかった。それもそのはず、同氏はPSA(プジョーシトロエン)のフィリップ・バラン会長との間で、両社の資本提携の見送りについて、最終合意していたからだ。その後、日本に帰国した益子社長は記者団に対して「技術提携については続行する」と語り、同社の電気自動車「i-MiEV」のプジョー版、シトロエン「C-ZERO」の予定通りの欧州発売を示唆した。

 ここは、スイス南部のジュネーブ。毎年恒例のジュネーブ・モーターショー(一般公開は3月4~14日)が開催されていた。

 欧州での主なモーターショーというと、独フランクフルトショー、仏パリショーが名高い。だが、この2つのイベントは9月に隔年開催されている。対するジュネーブショーは毎年3月開催で、その規模はフランクフルト、パリと同等の欧州最大級だ。

 今回のジュネーブショーには、今年1月北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)を“欠席”した日産や三菱、スズキ、ポルシェなど日米欧韓中の主要全メーカーも参加した。加えて、例年どおりイタリアを中心とするカロッツェリア(デザインスタジオが主業で、小規模生産も行うメーカー)や独チューニングカーメーカーの姿も多かった。

 ここでは、通称PIGS(ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン)の財政危機や、東京モーターショーの衰退などは無縁に思える。従来のモーターショーらしい「ドリームワールド」が花開いていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧