ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

米景気停滞懸念で原油下落も
量的緩和継続で底堅い金・銅

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2013年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 10月22日に米政府機関の一部閉鎖により遅れていた9月分の雇用統計が発表され、雇用者数は前月比14.8万人増にとどまった。

 また同日、CEA(米大統領経済諮問委員会)は、政府機関閉鎖と債務上限問題の影響による混乱によって、10~12月期の経済成長率は0.25%押し下げられるとの試算を発表した。この試算は、10月12日までの指標を基にしたものであり、その後も閉鎖が続いたことで成長率の押し下げ圧力は大きくなる可能性も指摘された。こうした中、米国景気の減速観測が強まった。

 上記の試算では、小売り売上高、消費者マインド、雇用、鉄鋼生産、住宅購入申請に関する日次や週次の「足早」な指標八つが用いられた。そこに含まれなかったが米国の週次石油統計も、見方を工夫すれば、足元の景気動向を分析する上で有用な指標である。

 内容を見ると、10月に入って以降、産業向け用途が中心となる中間留分(軽油など)の需要が低調だった。政府機関閉鎖や景気先行き不透明感によって、トラック輸送など産業活動が抑制されたことが推察される。

次のページ>> バラつく国際商品市況
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧