ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

阪急阪神ホテルズだけでない!
メニュー表示偽装の構造問題

週刊ダイヤモンド編集部
2013年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
阪急阪神ホテルズの出崎弘社長 (当時)は阪急電鉄の出身で、 ホテル歴は3年に満たなかった
Photo:JIJI

 阪急阪神ホテルズのメニューの虚偽表示問題がホテル業界を震撼させている。「うちも同じことをしていないか、お客さまに聞かれたときにきちんと根拠を示すことができるか、トップからの指令で見直しているところだ」と、大手ホテル幹部は声を潜める。

 阪急阪神ホテルズは新阪急ホテルで芝エビの料理にバナメイエビを使っていたなど、23カ所のレストランや宴会場で47品目にメニューと異なる食材を使っていたと公表。「偽装ではなく誤表示」と強調した出崎弘社長(当時)は引責辞任に追い込まれた。

 さらには、同社傘下のザ・リッツ・カールトン大阪で、フレッシュジュースに冷蔵ジュースが使われていたことも明らかになった。

 今回の問題は、「社内の自主調査」(出崎前社長)で発覚したが、業界内は、「一昔前なら隠蔽したはず。内部告発などで世に出るよりは自ら公表したほうがダメージが少ないという判断があったのだろう」(大手ホテル)と戸惑いを隠せない。その後も帝国ホテルやJR四国系ホテルなどで表示偽装の自主公表が相次いでいる。

どのホテルにも可能性が

 だが、どのホテルも表示偽装に手を染める可能性がある。

 一つ目の理由は、メニューの表示に明確な規定がないことだ。食品や加工食品、生産者には不正競争防止法やJAS法で、産地偽装に罰則規定があり、食品表示も義務づけられているが、レストランはそのルールがない。そのため担当者の判断による拡大解釈が起きる可能性があるのだ。

 法律としては景品表示法があり、実際よりも著しく優良であるかのように装って客を誘導する「優良誤認」があれば違反となる。問題は、優良誤認の解釈がわかりにくいことだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧