ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

コードは、あらゆる分野の「夢」を
実現するための方法

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第7回】 2013年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本連載では、我々の生活の中において、デジタルがどのようなポジションにあるのかをテーマにしている。ソフトウエアやハードウエアの面、プラットホームの面、そして我々がデジタルを活用するようになって起きた変化について、今後も考えていきたい。

 特に米国カリフォルニア州に住んでいると、ローカルニュースでアップルやグーグル、フェイスブックなどの新しい動きや直面している問題が採り上げられる。あるいは問題となる議論の一番始めの部分が、テクノロジーを専門としない一般の人向けに報じられる。そして行政や法律などのコンセンサスが取れて、カリフォルニアのスタンダードがそのままグローバルへ適用される。

 このダイナミズムを肌で体験した点は、過去に筆者が日本に住みながら、シリコンバレーの動きを見ていたころとは全く違う感覚だ。今後もそうした視点を交えながら、本稿を進めていきたいと思っている。

 筆者は米国に住みながら感じる変化を、原稿だけでなく、日本での活動としてアウトプットする取り組みを行っている。今回の話は、その1つの例として、ご紹介したい。

日本で「コードアカデミー高等学校」の設置を申請

「コードアカデミー」の概要説明会で話す筆者 Photo:DOL

 現在、筆者は長野県の学校法人信学会とともに、長野県に「コードアカデミー高等学校」の設置認可を申請している。この高等学校は、広域通信制の普通科高校ながら、コード(プログラミング)科目を必修とするカリキュラムを準備している。

 このアイディアの着想は、米国でもどのように導入していこうか苦労しているコード教育への取り組みの中で、ハーバード大学でのコード教科と起業支援、ニューヨークの公立高校Academy for Software Engineeringの事例、Code.orgなどの活動から、日本でも学校教育の中でのコード教科の取り組みが必要であると考えたからだ。

次のページ>> 「コード脳」を育てる
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

松村太郎[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

 


「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧