ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金の教室

長期の積立は「定量」より「定額購入」でリスクを抑える

ドルコスト平均法の効用

生活設計塾クルー
【第4回】 2007年11月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 個人マネーをもっと「貯蓄から投資へ」向かわせようという動きが、日本の金融ビッグバン以降続いている。確かに、年を追って投資が生活者に身近になっているように感じられる。バブル期には財テクがもてはやされたが、いまほど幅広い生活者に浸透していたという印象はない。

 現在では身近な銀行や郵便局でも投資信託、変額年金といった投資商品を販売しており、かつてなら投資とは縁遠かった層も無関心ではいられなくなったのが、その理由のひとつだろう。また、確定拠出年金制度の導入が進んでいるなか、勤め先の企業年金制度をとおして否応なく投資に向き合わなければならない人も増えている。

 いうまでもなく投資にはリスクが伴うため、投資商品の内容やリスクの性質を理解するための基礎知識を身につけ、将来予測のための情報収集・分析を行う努力が必要だ。また、資金配分も間違えないようにしないと、将来設計に悪い影響を及ぼす可能性もある。

 一方で、とりあえず始めてみないことには投資が身に付かないと考えることもできる。マイナスが生じても我慢できる範囲の金額でスタートし、走りながら学ぶということも必要かもしれない。

 少額からスタートするのに有効な投資方法として、「積立」がある。毎月一定の日などに機械的に、1万円など決まった金額で、積立時の時価に応じて買える範囲の数量を買い付ける方法だ。株式、投資信託、外貨建てMMF、金地金など、様々な金融商品で積立のシステムが用意されている。

「定額購入」なら
「ドルコスト平均法」の効果あり

 決まった金額で継続的に購入する方法を「定額購入」といい、決まった数量を時価で購入していく「定量購入」よりリスクを抑えた投資ができるとされている。「定額購入」だと、価格が高いときには少ない数量しか買えず、安いときには多く買えるため、平均買付単価が抑えられるという「ドルコスト平均法」の効果が期待できるからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
生活設計塾クルーの人気著書「お金はこうして殖やしなさい[新版]」好評発売中!

株、投信、生命保険、年金、住宅ローンまで、いまどきお得な金融商品の選び方を詳細解説。 1470円(税込)

話題の記事

生活設計塾クルー

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー集団。経験に裏打ちされた独自の視点で、一人ひとりの将来設計に応じた資産運用や保障設計のアドバイスを行なう。また、セミナーや執筆活動も幅広く展開。金融・経済、金融商品、社会保険等について中立の立場から情報を発信している。生活設計塾クルーのウェブサイト


お金の教室

資産運用から保険、住宅ローン、年金まで、人生設計に必要なお金にまつわる情報をわかりやすく解説。独立系ファイナンシャルプランナーならではの「中立」な立場で語ります。

「お金の教室」

⇒バックナンバー一覧