ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊・上杉隆

「ゴルフ=贅沢」と特別視する日本に、
健全なゴルフ文化は育たない

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]
【第73回】 2009年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ゴルフの祭典マスターズ・トーナメントは、毎年4月の第2週、米ジョージア州オーガスタで開催される。球聖ボビー・ジョーンズが理想の地を求めて造った、世界一美しいと言われるゴルフコースだ。実際、その美しさは目を見張る。

 グリーンはまるで凪の日の水面のようにきれいに均されている。フェアウェイは緑の絨毯のようで、池は空のように青く、バンカーはまぶしいほど白い。キャディーの服装は、白のつなぎで統一され、清掃員は青、メンバーはグリーン・ジャケットの着用を義務付けられている。

 コースにはツツジの花が咲き乱れ、記者やカメラマンなどのメディアですら携帯電話の持ち込みが禁止されているため、どの地点にいても風の音が聞こえるような自然な静寂が支配している。

 筆者は、そのマスターズをゴルフダイジェストの特派記者として取材している。
http://www.golfdigest.co.jp/digest/magazine/gd/

 3人の日本人選手、片山晋呉、今田竜二、石川遼には、つねに30人を超える日本人記者が帯同している。取材パスの発行が厳しいマスターズでは、パトロン(ギャラリー)として混ざっている者も含まれる。初出場は今田と石川。とくに17歳の石川は、日本人として唯一、記者会見を行ない、米国での注目も高い。

 期間中、世界中から十数万というパトロン(観客)が集まるため、周囲の道路はつねに大渋滞だ。

 そのマスターズ・トーナメントは、ボランティアスタッフによって成立しているといっても過言ではない。コース内の売店、駐車場誘導、清掃、などなど、住民たちの善意がこの大会を支えている。創始者のボビー・ジョーンズが生涯アマチュアを貫き、そのボランタリー精神が大会の運営方針に反映しているということのようだ。だからこそ、この大会に対しては、あらゆる選手が尊敬の念を込めて、緊張感を持って語られることが多いのだ。

〈ゴルフは米国に渡って悪くなり、日本に行って最悪になった〉

 これは、ゴルフ発祥の地・英国のゴルファーたちが秘かに囁いている言葉である。ゴルフという競技に対する米国人の振る舞い、さらには日本人の無理解がこうした評判を作りだしたのだろう。

 だが、米国についてはこのマスターズ・トーナメントのおかげでずいぶんと印象が変わったという。ゴルフを競技としてだけではなく、人格形成の場として捉え、とくにジュニアゴルファーの育成、社会貢献に力を注いできた結果かもしれない。いたるところに障害者専用のエリアがあり、そうした人々を優遇しているマスターズトーナメントはその象徴だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く

「お腹の調子が悪い」と政権を投げ出した安倍首相。「あなたとは違うんです」と逆ギレして職を辞した福田首相。そして漢字と空気が読めず政権崩壊寸前の麻生首相。この国の政治の混迷とメディアの体たらくを上杉隆が斬る。1500円(税込)

話題の記事

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]

株式会社NO BORDER代表取締役。社団法人自由報道協会代表。元ジャーナリスト。1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局記者、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者、フリージャーナリストなどを経て現在に至る。著書に『石原慎太郎「5人の参謀」』 『田中真紀子の恩讐』 『議員秘書という仮面―彼らは何でも知っている』 『田中真紀子の正体』 『小泉の勝利 メディアの敗北』 『官邸崩壊 安倍政権迷走の一年』 『ジャーナリズム崩壊』 『宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く』 『世襲議員のからくり』 『民主党政権は日本をどう変えるのか』 『政権交代の内幕』 『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 『暴走検察』 『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』 『上杉隆の40字で答えなさい~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~』 『結果を求めない生き方 上杉流脱力仕事術』 『小鳥と柴犬と小沢イチローと』 『永田町奇譚』(共著) 『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』 『この国の「問題点」続・上杉隆の40字で答えなさい』 『報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪』(共著) 『放課後ゴルフ倶楽部』 『だからテレビに嫌われる』(堀江貴文との共著)  『有事対応コミュニケーション力』(共著) 『国家の恥 一億総洗脳化の真実』 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 『大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実』


週刊・上杉隆

永田町を震撼させる気鋭の政治ジャーナリスト・上杉隆が政界に鋭く斬りこむ週刊コラム。週刊誌よりもホットで早いスクープ情報は、目が離せない。
2011年12月終了、後継新連載「週刊 上杉隆」はこちら

「週刊・上杉隆」

⇒バックナンバー一覧