ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

英キャメロン首相の訪中に見る
柔軟でしたたかな外交手腕

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第185回】 2013年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「米国にはしごを外されそうな日本」というジャーナリストの田中宇さんの無料コラムを読んで、いろいろと考えさせられた。

対中国敵視姿勢を
一変させた英キャメロン首相

 まず、そのコラムは英中関係を、要約すると次のように振り返っている。

 『英国のデーヴィッド・キャメロン首相がつい2年ほど前まで、あえてダライ・ラマと面会して中国を怒らせるなど、積極的な中国敵視策をとり、米英同盟を最重視してきた。しかし、リーマン危機後、英国は財政破綻のふちにあり、経済難と貧富格差拡大が続き、英国民の4分の1が食糧難の貧困状態にある。

 キャメロンは中国政策を大転換し、中国との経済関係を強化して英国の経済を救う動きを開始している。国内の原子力発電所の建設も中国に発注し、中国の国際的な原発売り込みの宣伝役を買って出た。一方、人権問題などで中国を困らせるような行動を控えた。』

 確かに中国訪問時のキャメロン首相の言動はこれまでとはまるで180度の方向転換だ。

 まず、中国を訪問する前に、すでに中国版SNSであるウェイボー(微博)を立ち上げ、中国国民に向けて「中国のみなさん、こんにちは。ウェイボー(微博)を始めることができ、とても嬉しいです。中国訪問を楽しみにしております!」とあいさつを送り、12月2日から4日までの訪中に向けてムード作りをした。フォロワーはアカウント開設後1週間で20万を超えた。

 英国首相の中国訪問として、出発する前にすでにこれほど多くの人々の注目を集めたことは非常に珍しかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧