ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

NTT(日本電信電話)社長 鵜浦博夫
BtoBビジネスへと転換し
企業を支える「黒子」になる

週刊ダイヤモンド編集部
2013年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「電話会社」という看板を捨て、クラウドサービスで北米に挑む姿勢を明確にしたNTT(持ち株会社)。2020年に向け、ビジネスモデルは変化しそうだ。

Photo by Toshiaki Usami

──中期経営戦略の進捗はいかがでしょうか。

 基本的に順調です。海外売上高200億ドル(2兆円)を目指すため、海外の企業買収を進めています。コスト削減についても、「3年間で4000億円以上」と申し上げましたが、1年半で全体の約7割まで到達しました。競争力を高めようと「5000億円の削減」へと引き上げたところです。

──東京五輪が開催される2020年に向け、「イノベーション」と「コラボレーション」の重要性を唱えました。革新的なサービスを他企業と連携することで実現しようというものですが、どのようなものでしょうか。

 東京五輪の開催が決まり、私は、「さあ大変だ」と思いました。各社がITを利用したさまざまなサービスを掲げ始めましたが、その通信サービスの運用はいったいどうなるのかと。期待感と共に、インフラを担う企業としての使命感や責任感が生まれました。

 そのころになれば、ITはさらに進化し、クラウドサービスはもっと安価で使いやすいものとなるでしょう。特に、企業が個人消費者を対象に行う「BtoC」のビジネスも大きく変わるはずです。

 そこでわれわれは、直接サービスを提供するのではなく、その環境を用意する立場を取るのです。これが「コラボレーション」の意味です。サービス提供者を支援する側に回って、「BtoB」のビジネスをする。必要であれば、競合事業者とも手を組むつもりです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧