ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

【第8回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson8「体のねじれを一気に解放するボディリリース」

堀尾研仁 [ティーチングプロ]
【第8回】 2009年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ダウンスウィングで大切なのは、トップから切り返しにかけて最大にした体のねじれを戻すこと、そしてクラブを解放し、インパクトに向けて、ヘッドを加速させていくことです。

 その方法は2つあります。1つは、体のねじれを解放する「ボディリリース」、もう1つは、腕を伸ばして手首を解放する「ハンドリリース」です。

 私が勧めるのは、ボディリリースを主導にして、ハンドリリースはできるだけ抑えた状態で打つこと。体のねじれを優先的に解放することで、手と体の関係が変わらず、フェースの向きが体に対してスクエアのまま解放されるのです。これが飛んで曲がらないショットを打つ秘訣といえます。

切り反しで、つくった体のねじれを一気に解放していく。腕が完全に解放される(伸び切る)のは、インパクト後になる

 ボディリリースよりもハンドリリースを優先する(体の回転を止めて腕を振る)と、ヘッドスピードはそれなりに出ますが、フェースのローテーション(開閉)が大きくなります。そうなると、ボールをスクエアにとらえられる時間が短くなるため、ショットのコントロールが難しくなってしまうのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀尾研仁 [ティーチングプロ]

1971年生まれ。レッドベターに師事し、2003年に独立。プロからアマチュアまで幅広くレッスン活動を行なっている。HPでインターネットレッスンも開講中。


堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”」

⇒バックナンバー一覧