ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 とてつもない中国

オバマ新政権を警戒する中国と、
中国経済に神経とがらす米国

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第26回】 2009年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 オバマ氏の異母弟が中国人女性と結婚し、7年前から広東省・深セン市で生活している。

 21年も会ってなかったマーク・デサンジョ氏は輸出業を営みながら、ボランティア活動に従事しており、今後はオバマ氏の就任を祝って米国に渡るなど関係強化が進むことが伝えられている。

 初めてのアフリカ系の大統領、バラク・オバマ氏が米国で就任したことを受けて、「華僑系の人が大統領になることも夢じゃない」と、中国が低迷する中で、チャイニーズドリームが再び巻き上がることを期待している在米華僑人も増えた。

 ところが、そんなオバマ弟の力もはかなく、実際には対中関係が良好になると考えている中国人は少ない。多くの庶民はむしろ悲観しているようだ。

中国人の多くは
オバマ氏の実力に疑問符?

 中国のウェブ上でのアンケートでは、「今後の米中関係はどうなるか」の質問に対して5割以上が悪化すると答えている。また、大統領就任直前に行なわれたアンケートでも、「オバマ氏は貿易問題で中国に圧力をかけ、波乱が生じるだろう」という意見が3割以上もいる。

 新財務長官ティモシー・ガイトナー総裁が、上院金融委員会へ提出した書簡で、「新政権としては中国が為替操作をしているという認識を持っている」と発言。またヒラリー・クリントン新国務長官が「良好な対中関係を希望するが、それは中国自身にかかっている」などと発言したことで、中国が米国に対して警戒心を高めているのだ。

 アンケート結果ではさらに、オバマ氏の実力に対しても「金融危機を解決できるか」という質問に「難しい」とのシビアな意見が多く、お祭り騒ぎどころではないという印象である。

 香港や台湾の有名な占い師が、そんな今年の年男でもある丑年のオバマ氏を占ったところ、「オバマ氏には、数々の困難が待ち受けているだろう」と、予想している。しかも44代目の大統領ということで、死とも発音できる4が2つ続くことで暗殺の可能性なども否定していない。

 そんな中、中国では旧正月だというのに今年は景気が悪いため、お年玉は2割カットするという家庭も増えている。小売業売上高の昨年の伸びは香港で11.5%だが今年はマイナス成長。さらに中国では、小売業売上高の名目成長率は昨年の18%から15%に減速すると予測されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 とてつもない中国

驚異的な成長の中で、社会や経済の歪みを孕む膨張大国・中国。中国経済の専門家が、日本人には驚きの中国の知られざる現状をレポートする。

「柏木理佳 とてつもない中国」

⇒バックナンバー一覧