ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

「明日ママ」議論はどう収れんするか
ネットに出る「幽霊」に惑わされない方法は?

ソーシャルをブレない視点で活用する受け手の姿勢

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第49回】 2014年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「明日ママ」の議論が
沸騰する現状は…

 児童養護施設を舞台にした日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」の内容について大きな議論が巻き起こっています。

 脚本と監修は、「家なき子」「高校教師」「聖者の行進」など、これまでも数々の世相を反映した話題作を送り出してきた野島伸司氏。芦田愛菜、鈴木梨央の両人気子役の共演作品としても話題になっていましたが、「赤ちゃんポスト」に預けられた主役が「ポスト」とあだ名されたり、施設職員が児童に暴言を吐くなどのシーンが問題だとし、放送中止の申し入れが起こるなど抗議が相次ぎました。1月27日以降は、番組スポンサー8社もすべてがCM放映を見合わせると発表しています。

 親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置する熊本市の慈恵病院は、「施設の子どもや職員への誤解、偏見を生む」として日本テレビに放送中止を要請しました。

 これに対して日本テレビは、「事態を重く受け止める」としながらも、「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描くという趣旨のもと、子どもたちを愛する方々の思いも真摯に描いていきたい」とコメントを発表し、予定どおり放送継続の意向を示したのです

 この一連の動きに関してネット上では、作品としての賛否のほか、「フィクションはどこまで自由が認められるか」「現実とかけ離れ過ぎているものはフィクションと呼べない」「テレビドラマはフィクションだから視聴する側も自覚が必要」などなど、「フィクションと表現の自由」について、さまざまな意見が寄せられています。

 児童養護施設の関係者や、児童養護施設出身者を支援する団体の人々からは、「子どたちはもっと純粋だし、職員は親元にいつか返すために本当に頑張ってる」 「施設では体罰は虐待として通告義務があり、あのような光景は見らない。怒鳴っただけで通告される」「児童養護施設ってこんな所、職員ってこんな人たちと思われることが残念」など批判の声が多く見られます。

 一方で、「一般の人の意識を喚起させる意味はあり」と、このドラマによって児童養護施設や里親システムの存在、その問題点が世間から注目される効果はあるとする意見もあります。

※1月30日、日本テレビは全国児童養護施設協議会の番組内容改善の求めに応じ、検討を行う姿勢を示したと、同協議会が発表した旨の報道がありました。
  
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧