「自分をSMAPに例えると誰?」
予測不能!答えづらい珍質問集

 それでは最後に、圧迫面接とは言えませんが、答えるのがとても難しい変わった質問事例もご紹介しましょう。

 まずは、「もしも…だったら?」というもの。自分をよく分析している事が求められ、また組織で自分がどのような役割を果たすのかを面接官に印象づけられるチャンスです。

「自分をSMAPのメンバーに例えると誰?その役割は?」(愛知県・22歳男性)
「自分を車のパーツにたとえると?」(東京都・22歳女性)

 さらに、普段からよく物事について深く考えていることを試されるような質問もあったようです。

「風が吹けば桶屋が儲かる、という言葉を別の言葉に置き換えて説明してください」(宮城県・24歳女性)
「あなたは文化をどのように定義しますか?」(東京都・20歳女性)

 以下は、面接官が尋ねているその意図をくみ取るのが難しい質問です。答えを1つ出すのは難しいですから、そのときの素直な気持ちで答えるのが正解ではないでしょうか?

「熱帯魚の餌は東京で月いくら売れてる?」(神奈川県・24歳男性)
「ソース派ですか?しょうゆ派ですか?という質問」(埼玉県・29歳男性)
「職場がもしハワイにあった場合、あなたはどうしますか?」(岡山県・22歳男性)
「今オススメの漫画」(滋賀県・24歳女性)

最新業界・企業研究サイトのFacebookファンページができました!
→最新記事のチェックはこちら