ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
変わりゆく大学のいま~激流の中で みわよしこ

「人が減ったのに仕事は減らない……」
国立大学法人化が変えてしまった大学職員の日常

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【第4回】 2014年2月28日
1
nextpage

2004年に国立大学が法人化されてから、2014年3月で満10年となる。

「優れた教育や特色ある研究に各大学が工夫を凝らせるようにして、より個性豊かな魅力のある大学になっていけるようにするために」(文科省「国立大学の法人化をめぐる10の疑問にお答えします!」より)という当初の趣旨は、どのように実現され、あるいは実現から遠ざかっているだろうか?

今回は、東京大学・数理科学研究科図書室に勤務する一人の図書館司書の日常と業務を中心に、「国立大学法人化」とは何なのかを紹介したい。

給与明細で実感する
「公務員ではなくなった」

東大・数理科学研究科図書室内、閲覧コーナーの一角。窓の外を眺めながら机に向かい、数学に取り組むことができるのだが、夜間だったため窓の外は映っていない
Photo by Yoshiko Miwa

 東京大学には、30の図書館・図書室がある。数理科学研究科図書室は、その一つだ。

 数理科学研究科図書室長(2011年当時)のAさんは、2004年、国立大学法人化が行われた時期、別の国立大学で図書館司書(注)として勤務していた。国立大学法人化の前後で、図書館司書の業務の内容が変わるわけではない。給与も、ただちに変動するわけではない。

 しかし2004年4月、給与明細を確認してみると、新たな天引き項目が加わり、手取り給与は少し減少していた。新たな天引き項目とは、「雇用保険料」である。基本的には失業のない公務員の身分から、失業もありうる国立大学法人職員への変化。雇用保険料を支払うということは、失業すれば失業給付の受給が可能ということでもあるのだが。

 「ああ、公務員ではなくなったんだなあ、と実感しました」

 国立大学法人の職員は、現在でも「みなし公務員」である。公務に従事しているものとみなされ、義務や制裁においては基本的には公務員と同様である。しかし、公務員そのものではない。官なのか? 民なのか? これからは、誰のために仕事をすることが求められるのだろうか?

 もちろん、変わったことは「雇用保険料」だけではない。

 「勤務時間の管理が、厳しくなりました。原則、残業は事前に届け出をしないと出来ないようになりました」

 それは、長時間労働を防ぐために、むしろ望ましいことかもしれない。

 「でも、人は減るけど仕事は減らないんです」

(注)現在、国立大学法人に職名としての「(図書館)司書」は存在しない。しかしAさんの業務内容は、まぎれもなく図書館司書業務であり、図書館管理業務である。このため、本文中では「(図書館)司書」という用語を用いている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


変わりゆく大学のいま~激流の中で みわよしこ

大学、大学院を卒業しながらも、安定的な職に就くことができない、高学歴ワーキングプア、非正規博士…が増加し続けている。そうした背景にあるのが、「大学」自体の混乱だ。少子化による学生の減少、大学乱立による入学者不足による経営難、国立大学の法人化、研究資金の削減…などきりがない問題を抱えるいま、大学はどうこの苦難を乗り越えようとしているのだろうか。本連載では、変わりゆく・変わらざるを得ない大学の「現在」を、関わる人々の姿や言葉とともに紹介していく。

「変わりゆく大学のいま~激流の中で みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧