ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

無料通話バイバー買収で
楽天が狙う隠された“資産”

週刊ダイヤモンド編集部
2014年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

楽天が900億円を超える大型企業買収を仕掛けた。このIT企業はまだ赤字だが、楽天のグローバル展開に欠かせない存在となりそうだ。その企業の隠れた価値とは何なのか。

 舞台の脇には四つのスクリーンが、そして正面にはテーブルを挟んで肘かけのついた黒い椅子が二つ並べられていた。

 2月14日、楽天の2013年12月期決算の発表会は、椅子に腰かけた三木谷浩史会長兼社長が自ら、ある会社の創業者にインタビューするという一風変わった演出が施された。

 インタビューの相手は、バイバー・メディアの創業者でCEOのタルモン・マルコ氏。無料通話アプリ「Viber(バイバー)」を展開するイスラエル発の企業だ。

無料通話アプリ「Viber」を搭載したスマートフォンを持つ三木谷浩史・楽天会長兼社長(左)とバイバー・メディア創業者のタルモン・マルコ氏
Photo by Takeshi Kojima

 バイバーは10年にサービスを開始。アプリ同士の無料通話をはじめ、ショートメールやスタンプ機能など、日本でなじみのLINE(ライン)と似たサービスを展開している。

 違いは音声の通話品質にある。その技術を生かし、一般の固定電話や携帯電話にかけることのできるサービスも始めている。

 楽天は、そんなバイバーの株式を9億ドル(約918億円)で100%取得すると発表した。楽天がそれほどの価値を見いだしたのには理由がある。

 それは、ユーザーの多さと人気の高さだ。31%がアジア太平洋地域、27%が西欧州と、ユーザーは欧米やアジア圏をまたいで世界中に広がり、その数は現在2.8億人に上る。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧