ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

1位はリクルートマーケ、2位にグーグル――。
口コミ47万件! 公表数字からではわからなかった
「本当にいい会社」ランキング

週刊ダイヤモンド編集部
【14/3/8号】 2014年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昭和のいい会社――。
「人気企業1位」の自己評価とは

 「昭和の会社だなと思うことがあります」──。在籍社員による自社評価を基にした「本当にいい会社」ランキングで第1位を獲得した、結婚情報誌『ゼクシィ』などを手がけるリクルートマーケティングパートナーズ。同社の執行役員、山口文洋氏は自らの会社をそう表現した。

 彼の“昭和的”という発言は、今回のランキングから浮かび上がってきた、働きがいのある「いい会社」の“ある特徴”を象徴しており、就職活動中の学生にとっても、必ずや参考になるはずだ。

 4月1日の採用選考の解禁が目前に迫り、多くの学生が志望企業の絞り込みをしているだろうが、知名度の高さや表面的なイメージで企業を選んでいる学生が今なお多い。

 本誌は今回、公表されている経営数値や業績からだけではわからない、そこで働く社員の生の声にこだわって会社をランキング化した。

 社員の本音に迫るため、口コミ件数47万件を誇る大手口コミサイト「Vorkers」(ヴォーカーズ)と連携。働きがいに関する「風通しのよさ」「評価の適正さ」「人材の長期育成」「社員の士気」という外部からでは見えにくい4項目を5点満点で評価、その合計点で会社を格付けした(口コミが前提であるため、不適当な評価・コメントが投稿された結果、評価がぶれる場合もあるが、そうした投稿についてはヴォーカーズが随時削除している)。

 結果は意外なものになった。学生による就職人気企業ランキングでは、高給で知られ、経営も安定している総合商社やメガバンクが上位を独占するが、それとは明らかに一線を画し、上位に意外な顔触れが並んだ。

 ランキングの詳細は本誌を読んでもらいたいのだが、ここではランキング上位を見ていこう。1位のリクルートマーケティングパートナーズには、社風や評価制度を好感する以下のような口コミが寄せられている。

 「1年目からでも仕事を任せてもらえる。実力主義で評価も公正に行われているように感じる」(営業、在籍3年未満、中途入社の女性)。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月8日号 定価710円(税込)

特集 国税は見ている 税務署は知っている

あなたに迫りくる徴税包囲網の真実

【特集2】
企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧