ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

納期1ヵ月待ちのこだわりPCバッグが
想定したユーザーとは

三浦一紀
2014年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ノートパソコン用のバッグは、さまざまなメーカーから多数発売されている。日常的にノートパソコンを持ち歩く人は、何かしらパソコンバッグを使ったことがあるのではないだろうか。

 満足できるパソコンバッグに出合えた人は幸せだ。しかし、いくつもいくつもパソコンバッグを乗り換え、それでもまだ満足できるものに出合っていないという人も多いのではないだろうか。

 今、ネット上で話題のパソコンバッグがある。その名も「ひらくPCバッグ」だ。これは、「薄い財布」で有名なスーパークラシックの「スーパーコンシューマー」というブランドで、ブロガーのいしたにまさき氏と長い時間をかけて作り上げた製品。

 現在発売されているのは2代目だが、初代発売時からネット上で話題となり、品切れが長く続いた。これは2代目が発売されたときも同様で、初回販売時に即完売。その後も品切れ状態が続き、3月6日現在、予約をしても4月28日発送分となってしまうほどだ。

 しかも、店頭販売はほとんど行っておらず、実質ネット販売のみ。広告もほとんど行っていない。にもかかわらず売れ続けている理由とはなんだろうか?

 まずは、ひらくPCバッグの完成度の高さだ。横から見ると三角形になっており、自立するようになっている。また、ストラップを工夫することで、パソコンを入れても肩への負担が少ない。加えて、収納性の高さ、立てたままで収納物の取り出しが可能など、他のパソコンバッグとは一線を画す製品となっている。

2代目のひらくPCバッグは2色展開。価格は2万550円(税込)。コンパクトサイズながら15インチのノートパソコンが収納可能だ。なお3月14日まで、渋谷にあるFabCafeでスーパークラシックとのコラボレーション企画が行われており、ひらくPCバッグも展示されている。(写真はスーパークラシックのWebサイトより)

 いしたに氏は、以前にもスーパークラシックで「とれるカメラバッグ」という製品をプロデュースしているが、こちらも大ヒット。両製品とも共通しているのが、「いしたに氏本人が欲しいと思っているバッグを作る」ということ。多くの人に買ってもらうために作っているのではない。しかも、いしたに氏はバッグの制作に関しては素人同然。しかし、これが売れるのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧