ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

私のマーケティング理論を見事に覆した
生々しい現場のマーケティング

すべてのステークホルダーを動かすストーリーをつくれ!

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第52回】 2014年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

行動科学に引かれて出会った
マーケターへの道

 3月12日、リクルートキャリアの「就職みらい研究所」は、2014年度卒業の学生の就職活動と企業側の新卒採用活動の実態を調査した「就職白書2014」を公表しました。

 同白書は、2015年度に卒業する学生の就職活動の展望にも触れており、それによれば、51.9%の企業が「採用数に満たなくても求める人材レベルは下げない」と回答したそうですから、今年の就職戦線も学生にとっては依然厳しい状況が続くようです。

 当社でもこのほど、新卒学生向けの会社説明会をスタートさせました。金融、商社、ITなど人気の業種は数多ありますが、マーケターを志望する優秀な学生が当社に集まってくれることを祈りつつ、毎回説明会を非常に楽しみにして臨んでいます。

 そんな気持ちのある一方で、自分が就職について考えた頃のことを思い出すのもこの時期です。

 今私が仕事として携わっている「マーケティング」に初めて出会ったのは、大学のゼミでした。私は文学部だったのですが、そこで「行動科学」という学問に引かれ、「人の欲求から物が売れる仕組みを解明する」ことに非常に関心を持ったことを覚えています。

 そこで、選んだゼミが「購買行動・消費者心理」。人間が意思決定し行動する際には、何らかの科学的メカニズムが働いているはずです。そのメカニズムを明らかにすれば、一見不可解とも思えるような人間の行動に意味付けができるのではないかと考えました。

 今、折に触れて申し上げている「マーケティングには、消費者インサイトが非常に重要である」ことを学んだのもこの時期です。

 そんな私の就職活動は、やはりマーケティングの領域で仕事をしたいという思いから、学生なりに必死に考えた末、次の二つの業種に選択肢を絞ったのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧