ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第41回】 2014年4月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

イノベーションを体系的に解説した
ドラッカーの代表作
『イノベーションと企業家精神』

1
nextpage

今回ご紹介するのはP.F.ドラッカーの『イノベーションと企業家精神』です。イノベーションを実施するためには何をすればいいのかを体系的に解説した書で、発行から30年近く経った今でもまったく色褪せません。経営に携わるすべての人に是非読んでいただきたい一冊です。

30年かけて完成した
「シュンペーターの経済学」

P.F.ドラッカー著、上田惇生訳『イノベーションと企業家精神』 2007年3月刊。『ドラッカー名著集』シリーズの装丁。帯コピーは野中郁次郎先生の推薦文です。

 本書の原題は“Innovation and Entrepreneurship”、1985年に発行され、翻訳版も同年に出版されました。2007年版の本書は改訳され、『ドラッカー名著集』第5巻として世に出たものです。

 「イノベーション」を経済成長の駆動力としてシステムの内部に位置づけ、「企業家」を生産要素に取り入れたのはJ.A.シュンペーター(1883-1950)でした。29歳のシュンペーターは『経済発展の理論』(第1版、1912)で、「企業家による新結合が資本主義を駆動する」と説いたのです。

『経済発展の理論』(第2版、1926)で論理を彫琢すると、1932年にボン大学教授からハーバード大学経済学部教授へ転じ、『景気循環論』(1939)で「新結合」を「イノベーション」に置き換えました。そして『資本主義・社会主義・民主主義』(1942)で、イノベーションを遂行するためには「創造的破壊」が必要だと書いたのです。

 「シュンペーターの経済学」はこうして30年間を費やして完成するわけですが、その後の理論経済学に取り入れられることはありませんでした。ボン大学やハーバード大学では、並み居る秀才の教え子たちに「シュンペーターの経済学」を講義したことは一度もなかったのだそうです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧