ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

4月以降ドル円は105円超え
米雇用統計17.5万人超が鍵に

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2014年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 円相場を動かす次の材料は何か。外国人投資家の問い合わせはもっぱら、日本銀行の追加緩和、公的年金の株式や海外証券の買い増し、法人税減税、アベノミクスの成長戦略「第三の矢」、消費税増税と景気の先行きなど、日本の要因に関するものが多い。

 ところが実は、ドル円相場の動因としては米国景気のほうがはるかに優勢だ。そう説明すると、きょとんとされる。

 米国経済が不振なとき、日銀が追加緩和しても、安倍政権がどのような戦略を出しても、米国由来のドル安・円高という逆風を押し返すことは難しい。逆に米経済が好調なら、ドル高・円安の追い風に乗って、日銀の金融政策やアベノミクスという日本側の自助努力も報われ、それがまた政策の信認を増すという好循環を期待できる。

 特に米雇用情勢はここ何年もドル円相場を動かす鍵であり続けている。リーマン・ブラザーズの破綻を経て、金融不況にあえいできた米経済がどう自律回復していくかを測る上で、雇用の改善が経済的にも政治的にも最も重要視された。FRB(米連邦準備制度理事会)は超金融緩和をどう拡充し、いずれどう幕引きするかの尺度として雇用統計を注視し、市場は雇用統計の中でも非農業雇用者数の月次増減に焦点を当ててきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧