ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「3.11を忘れない」だけでいいのか? 日本企業・社会貢献の現実

なぜ大手企業が被災地に優秀な社員を送りこむのか?
チームとルールを作る人材が日本の未来を創造する
――開沼博&福島学構築プロジェクト

開沼 博 [社会学者],福島学構築プロジェクト,藤沢 烈 [一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事]
【第7回】 2014年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2011年3月11日の東日本大震災から、4年目を迎えた。3.11を1000年に一度の災害だったという人がいた。1945年の敗戦以来の歴史的事件だったという人がいた。「絆」「がんばろう」と多くの人が叫んでいた。震災復興を語りたがる人で溢れていた。あれから3年が経ち、そして、誰もいなくなった。
いまこそ、問おう。大仰な文明論が牽強付会に語り続けられた熱狂の果てに、何が変わり、何が変わらなかったのか、と。ここで動かなかったならば、いつ動けるのだ、と。
本連載が問うのは、その一つの糸口だ。そこにはシンプルな疑問がある。「日本の企業は、3.11後の社会に何ができたのか?そして、そこで何が変わったの か?」人は「3.11を忘れてはならない」と繰り返す。しかし、これまで通りそう繰り返すだけで、風化に抗うことはできるのか。震災以前から注目されている日本企業の社会貢献の重要性、その現実を追う。

支援活動はいかに組織を超えるのか?

 「いかに組織を超えるのか?」

 3.11から現在に至るまで、持続的な被災地支援活動を続けてきた企業を追うなかで、浮かび上がってきた共通項の1つがこれだ。

 何度も通い、寝食を共にし、時間をかけながら組織と組織の間にある壁を壊す。現地で活動する他の組織との横のつながりのなかで、新しい付加価値を生み出す。

 もしかしたら、自衛隊が発災直後にそうしたように、被災地支援を、単独組織がずんずんと現場に切り込んで力仕事をしている、と捉えている人は多いのかもしれない。しかし、現実に、そこにあるのは柔軟で軽やかな動きだった。

 そんななか、復興庁は、そうした組織の中の個人が被災地に向かう動きを加速させるような取り組みを始めた。被災地が必要とする人材を、企業などから現地に派遣することを目的とした「WORK FOR 東北」だ。

 この事業を実施する一般社団法人RCF復興支援チーム、藤沢烈さんに話を聞いた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 

福島学構築プロジェクト

少子高齢化と人口流出、コミュニティ・医療福祉体制の崩壊、産業構造の変化と衰退、リスクの増大…「課題先進地」
たる福島の課題を通して、世界に発信し得る日本の資源の発掘を行う福島学構築プロジェクト。課題解決に向けて作られた多様なコンソーシアムには、様々な組織の研究者・企業関係者が参画している。
福島学構築プロジェクト公式WEB:http://www.fukushimagaku.org/

 

藤沢 烈(ふじさわ・れつ) [一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事]

一橋大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。NPO・社会事業等に特化したコンサルティング会社を経営。東日本大震災後、RCF復興支援チームを設立し、情報分析や事業創造に取り組む。文部科学省教育復興支援員も兼務。共著書に、『ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論』(朝日新聞出版)、『「統治」を創造する 新しい公共/オープンガバメント/リーク社会』(春秋社)。


「3.11を忘れない」だけでいいのか? 日本企業・社会貢献の現実

2011年3月11日の東日本大震災から、間もなく4年目を迎える。3.11を1000年に一度の災害だったという人がいた。1945年の敗戦以来の歴史的事件だったという人がいた。「絆」「がんばろう」と多くの人が叫んでいた。では、問おう。ここで動かなかったならばいつ動けるのだ、と。
本連載が問うのはシンプルな疑問だ。「日本の企業は3.11後にどれだけ社会貢献ができたのか?」である。人は「3.11を忘れてはならない」と繰り返す。しかし、これまで通りにそう繰り返すだけで、風化に抗うことはできるのか。震災以前から注目されている企業の社会貢献の重要性、その現実を追う。

「「3.11を忘れない」だけでいいのか? 日本企業・社会貢献の現実」

⇒バックナンバー一覧