ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

STAP細胞問題にみる個人vs.組織
研究者の視点に立つと違った姿が見える

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第91回】 2014年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまでのSTAP細胞問題の取り扱いを見ていると、個人vs.組織の古い対立図式が浮かんでくる。

 2ヵ月半前、小保方晴子氏が雑誌ネイチャーに論文掲載と華々しくデビューした。そのとき、その所属組織である理研(理化学研究所)も相当なバックアップをしていたはずだ。その後、ネットなどで論文に対する疑念が浮かび上がってくると、理研は、STAP細胞の存在ではなく論文の体裁について調査委員会を立ち上げ、小保方氏に不正があったと認定した。これに対して、小保方氏の反論記者会見、そして16日には、共著論文の笹井芳樹氏の記者会見があった。

 笹井氏の会見では、同氏の小保方氏に対する指導責任が問われるというマスコミもあったが、おそらく小保方氏と理研をサラリーマンと会社の関係でとらえ、笹井氏を小保方氏の上司としてとらえているのだろう。

 このダイヤモンド・オンラインの読者にもサラリーマンが多いと思うので、STAP細胞問題をサラリーマンの視点見ている人は多いだろう。ただし、そう見ると、問題の本質を見逃してしまうので、本コラムでは全く違う、研究者一般の視点からみてみよう。

研究者ははっきり言って個人単位

 実は、これは筆者の経歴に関係する。筆者は、理学部数学科卒業後、当時文部省の付属研究所であった統計数理研究所に内々定し、1年近く見習い実習をしていた。実際、研究室・研究助手を与えられ、贅沢な境遇にいた。そこで学術論文もどきも書いている。

 それが大方向転回し、大蔵省キャリアとして入省し、その後は官僚だった。官僚は28年間、最後は官邸勤務後、官僚を辞め大学教授になった。官僚時代に、学会に所属し学術論文発表などを少しづつ行ってきたので、それらをまとめて、大学での学究生活に備えて博士号を取得した。社会人スタートは研究者、その後官僚、また研究者と大きく違う職場を経験してきた。

 研究者ははっきり言って個人単位である。共同研究を行うことはあっても、所属する組織に気兼ねせずに意見をいう。研究者同士で意見交換するときも、個人と個人のぶつかりあいだ。組織は基本的には関係しない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧