ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「佐村河内氏・小保方さん問題」があぶり出した 
ストーリー消費社会の現実
――ジャーナリスト 曲沼美恵

曲沼美恵 [ライター]
2014年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「今さらもう読みたくない」と思う読者もいるだろう。ストーリーについて語るタイミングとしては、遅きに失したかもしれない。けれど、今だから、冷静に考えられることもある。

 佐村河内氏がゴーストライターを使って作曲していた問題と、理化学研究所の小保方晴子さんらが発表した「STAP細胞」論文を巡る疑惑の数々。クラシック音楽と先端科学という、まったく違う分野で起きた2つの“事件”は、私たちが生きているストーリー消費社会のありようを浮かび上がらせた。

 最初に断っておくが、個々の疑惑について論じたり、コトの真相を明らかにするのがこの原稿の目的ではない。それよりも、2つの事件がはからずもあぶり出した「ストーリー」の効用と限界について、述べたい。

 情報化社会の今日では、誰もがストーリーの創作者となり、消費者になってしまう可能性がある。これは、私たちが暮らしている社会全体、あるいは現代資本主義が抱えている矛盾を指し示す出来事だ。

「メディア時代」を先駆けた芸術家
アンディ・ウォーホル

 先の二人に関するニュースが流れ、それがインターネット上で拡散していく様子を眺めていて、ある人物のことが思い浮かんだ。20世紀後半を代表するアーティスト、アンディ・ウォーホルだ。

 1928年、アメリカのペンシルバニア州に生まれたウォーホルはキャンベル・スープの缶をモチーフにした作品で一躍、時の人となり、1987年にこの世を去るまで、数多くのポップアート作品を遺した。

 なぜ、キャンベル・スープの缶を描くのかと聞かれた時、彼は「毎日、それを飲んでいたからさ」と答えたという。今ではすっかり悪者イメージの大量生産も、当時は、富める人にも貧しい人にも等しく、「いいもの」を「より安く」届けるための手段として歓迎されていた。街に溢れるスープ缶は、豊かなアメリカの象徴だったのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

曲沼美恵[ライター]

1970年生まれ。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2002年からフリーに。近年はビジネス誌やウェブサイトで、ルポルタージュやインタビュー、コラム等を執筆。近著に『メディア・モンスター:誰が黒川紀章を殺したのか?』(草思社)がある。仕事に関する情報はブログでも紹介中。「ニュース」より「人」に興味あり。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧