ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
英語は「インド式」で学べ!
【第4回】 2014年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
安田 正 [(株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役 ]

英語は3つの動詞で話しはじめられる!
日本人に最適な「インド式英語学習法」

1
nextpage

この連載では、単語・文法・発音など、新しい暗記は必要ナシの「インド式英語学習法」の発想を取り入れて、日本人の脳に最も適した最強の学習法をお伝えいたします! 英語を学習している人の99%が英語がしゃべれません。今までの日本人の「英語の学習方法」が、完全に間違っていたからです。

「3つの動詞」がそれぞれに作る
英文のカタチをマスターしよう!

 さて、「英語」という言語のルールとして、「動詞が英文のカタチを決める」というのがあります。

 ですから、今までの英語の学習法のように、日本語の単語を、一語一語、英語に訳して英文を作っていく方法というのは、大きな間違いなのです。

 「動詞と英文のカタチをセット」として英文を作っていくという方法が、日本人が英語を攻略する上で、最も大切な発想法なのです!

「ステップ(1)伝えたい日本語がある」
→「ステップ(2)動詞を選ぶと英文のカタチが決まる」
→「ステップ(3)動詞の前後に単語を当てはめる」


 このプロセスを、何度も練習することで、瞬時に英文ができるようになるのです。


 この「日本語→英文への変換」を瞬時にできるように、私は「英文のカタチ」を、シンプルで理解しやすい、「3種類の動詞とセットの英文」にしぼりました。それが、図にある、「sound/find/give」とセットの英文のカタチです。

 この、たった「3つの動詞とセットの英文のカタチ」を覚えるだけで、カンタンに英文を作ることができ、私たち日本人の弱点を乗り越えられるのです!

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



 

安田 正 [(株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役 ]

早稲田大学理工学術院非常勤講師。1990年に法人向け研修会社パンネーションズを設立し、「日本人のた めの英語学習法」を提供。そのユニークな学習方法はNHK「クローズアップ現代」や、フジテレビ「めざま しテレビ」など、多くの雑誌メディアでも取り上げられた。これまでIT、電機機器メーカー、自動車メー カー、小売業、金融などの多岐にわたる大手企業&中小企業、約1500社、55万人に研修を実施している。現 在は、「英語」の他「ロジカル・コミュニケーション」 「ロジカル・ライティング」 「対人対応コーチ ング」 「交渉術」などのビジネスコミュニケーションの領域で研修を行っている。安田自ら講師、コンサ ルタントとして活躍中。早稲田大学理工学術院非常勤講師を務める一方で、東京大学大学院工学系研究科 、お茶大アカデミック・プロダクションでも授業を担当。また、過去には、一橋大学国際教育センターで も授業を担当した経験を持つ。著書に、『一流役員が実践している仕事の哲学』(クロスメディア・パブリ ッシング)、『1億稼ぐ話し方』(フォレスト出版)、『ロジカル・コミュニケーション』(日本実業出版社) 、など、多数。


英語は「インド式」で学べ!

この連載では、単語・文法・発音など、新しい暗記は必要ナシの「インド式英語学習法」の発想を取り入 れて、日本人の脳に最も適した最強の学習法をお伝えいたします! 英語を学習している人の99%が英語が しゃべれません。今までの日本人の『英語の学習方法』が、完全に間違っていたからです!

「英語は「インド式」で学べ!」

⇒バックナンバー一覧