ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書
【第6回】 2014年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
援川聡

「ですから…」の一言が、ふつうのお客様を
モンスターに変える!?
善意のお客様をキレさせないため封印すべき“D言葉”とは?

1
nextpage

大きな反響を呼んだ2014年3月の『現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書』の連載の続編が登場! 5回までの連載はクレームに対する基本原則を中心に解説したが、第6回からは悪質度の異なる様々なクレーム事例を紹介し、具体的にどう対応すればよいか、ポイントをいくつか抜粋する。今回は善意のお客様をキレさせないために、封印すべき“D言葉”を伝授。

「ふつうのお客様」をモンスターにしない

 お客様の口調がどんなに厳しくても、そこに悪意があるとは限りません。むしろ、クレームを持ち込むお客様のほとんどはそれなりの理由があって、怒りをあらわにしています。そこで、相手をヒートアップさせないコツをお伝えしましょう。以下の事例から、あなたならどう対応するか考えてみてください。

「いったい、なにが気に食わないのか?」
 月曜日の午後3時。部内会議で吊るし上げられた片山一郎は、がっくり肩を落として自分のデスクに戻った。

 山と積まれた資料を前に、なにから手をつければいいのか思いあぐねていると、内線電話が入った。

 「片山さん、ユーザーから電話が入っています。4月に発売した新商品に関するクレームです」

 片山はため息が出るのをこらえて、転送ボタンを押した。

 「お待たせいたしました。私、片山が承ります」
「取扱説明書のとおりに操作しても、まったく動かない。どういうことなんだ?」
「申し訳ございません。恐れ入りますが、どのような状態なのか、教えていただけますか?」
「どうもこうもないよ。ウンともスンともいわないじゃないか!」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


援川聡 

 

(株)エンゴシステム代表取締役。 1956年広島県生まれ。79年大阪府警察官に。95年に大手流通業に転職、元刑事の経験を生かしてトラブルや悪質なクレームの対応にあたる。その適切で確実な「解決術」は高い評価を受け、業界団体の講師を務めるほどに。2002年に独立し、(株)エンゴシステムを設立。豊富な現場経験と独自のノウハウをもとに、リアルタイムで企業はじめ医療機関、役所等をサポート。講演・セミナーは年間100回以上、新聞・雑誌への寄稿、テレビ出演も多数。たたき上げの警察官・刑事経験と、販売現場での実務経験の両方をもつ、クレーム対応の第一人者。 著書に『クレーム処理のプロが教える 断る技術』(幻冬舎)、『クレーマーの急所はここだ! 超プロがついに明かす どんな問題もすべて解決』(大和出版)、『理不尽な人に克つ方法』(小学館)など。

 


現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書

「ふつうのお客様」が簡単にモンスター化する! インターネットの広がりなどによりクレームが悪質化する中、対応はマニュアル頼みだったり、その場しのぎだったりするのが現状で、まじめに対応しようとすればするほど墓穴を掘って心が折れてしまう人もいる。大阪府警に十数年、その経験を生かし民間企業に転職後、クレーム対応に20年近い実績をもつ第一人者が、最新刊の第1章から、どんな現場でも使える基本の行動原則を示す。

「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」

⇒バックナンバー一覧