ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

日系自動車産業のタブー。最大の敗北要因は「カルチャーの欠落」――トヨタ・日産・ホンダ等日系メーカーが自動運転とEV技術で「グーグル」に大負けするこれだけの理由【後編】

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第182回】 2014年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
日本自動車博物館(石川県小松市)。オーナーは、煉瓦やセメント加工品の製造販売会社・石黒産業(富山県小矢部市) Photo by Kenji Momota

 自動運転では、3D地図のデファクトを。
 EVでは、世界各地の施策の失敗例を参考に。
 そして、世界中の人々の「動静」を「車内においても」把握する。

 これらがグーグル(及び欧米IT大手)にとっての、日系自動車メーカーに対する優位性であると、過去2回(前編中編)にわたり解説してきた。

 だが、こうした技術論とは別次元で、日系メーカーが大負けする要因がある。

 それが「カルチャーの欠落」だ。

 ある意味でタブー視されてきた、日本の自動車産業の歩みについて、あえて触れる。

日本最大級の自動車博物館
所在地はなぜか、石川県小松市

 JR西日本・加賀温泉駅。

 東京からは、新幹線「ひかり」で米原乗り換え、特急「しらさぎ」で最短3時間50分。または、特急「Maxとき」で越後湯沢乗り換え、特急「はくたか」では最短4時間28分。さらに、2015年春に金沢まで北陸新幹線が開通すると、最短で約3時間になる。

 白山連峰を望み、日本海までは3km程。
 駅に隣接する観光案内所で、「自動車博物館に行きたいのですが」と聞いた。

JR加賀温泉駅が起点の観光バス、「キャンバス」。「海まわり」と「山まわり」の2ルートで、近隣の温泉や観光施設を巡る。料金は1日券が1000円。自動車博物館に行く場合、セット乗車券1500円がお得 Photo by Kenji Momota

 加賀温泉郷協議会・山田るみさんは「それならば、この『加賀温泉郷パスポート』が便利です。周遊バス『キャンバス』の山まわり線と、自動車博物館を含めた3つの施設の入場料が込みで1500円ですから」と、笑顔でテキパキと答えた。

 タクシーなら片道3000円強、入館料大人1000円と比較して格安だ。『キャンバス』は山中温泉、山代温泉、加賀伝統工芸村・ゆのくにの森等を経由する『山まわり線』、片山津温泉等を巡る『海まわり路線』、そして『小松空港線』がある。

 『山まわり線』9番目の停留所が、日本自動車博物館だ。

 以前から一度来たいと思っていたが、なかなかチャンスがなかった。明治時代の欧米建築物のような煉瓦造りの外観。同館ウェブサイトの写真より、実物の方がはるかに大きく感じる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧