ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2009年 日本の針路 国民・企業の選択肢

冨山和彦 動画インタビュー
「日本は不況スパイラルに突入。すぐに夜が明けると思うな」

チーム・ポリシーウォッチ
【第2回】 2008年12月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

チーム・ポリシーウォッチ提供による年末年始リレーインタビュー企画。ポリシーウォッチの各メンバーが同じ質問に答える形で、今後の日本がどうあるべきかを熱く語ります。第2回は、産業再生機構の元COOで現在は自ら設立した経営共創基盤の社長を務める冨山和彦氏。ダイヤモンド・オンラインでは、このリレーインタビューを順次公開していきます。

冨山和彦(経営共創基盤社長、産業再生機構元COO)
1960年生まれ。1985年東京大学法学部卒。在学中に司法試験合格。1992年スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストン コンサルティング グループを経て、コーポレイトディレクション社設立に参画、後に代表取締役に就任し、41社の再生を実現。2003年、産業再生機構設立時に専務取締役COOに就任。2007年4月に長期・持続的な事業・企業価値の向上を目指し、経営支援サービスを提供する経営共創基盤を設立。

【ポリシーウォッチ年始緊急公開イベント企画のお知らせ】
<タイトル>

“大混迷2009年の政治経済~竹中チーム始動”~ at アカデミーヒルズ
<イベント日時>
日時  2009年1月5日(月) 16:00-18:00
場所  アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
<詳細・告知>
http://policywatch.jp/event_announcement_20090105/

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チーム・ポリシーウォッチ

チーム・ポリシーウォッチは、既得権益とは無縁な経済政策に関する専門家集団。ウェブを通じて、官僚主導の現在の経済政策に対し問題提起を行なっている。ウェブサイト「ポリシーウォッチ」では、動画で有識者達が世の中の論点を動画やテキストで解説。ポリシーウォッチ(http://policywatch.jp/)


2009年 日本の針路 国民・企業の選択肢

チーム・ポリシーウォッチ提供の年末動画スペシャル。ポリシーウォッチメンバー全員によるリレーインタビュー。各氏が同じ質問に答える形で、今後の日本がどうあるべきかを熱く語ります。

「2009年 日本の針路 国民・企業の選択肢」

⇒バックナンバー一覧