ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

ケースワーカー1人が480世帯を担当する区も!
生活保護行政をめぐる大阪市の「暴走」(3)

――政策ウォッチ編・第67回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第67回】 2014年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2014年7月1日、改正生活保護法が施行された。国会での質疑において、政府は再三「運用は変えない」と答弁した。運用を変えないのであれば、そもそも法改正は必要なかったのであるけれども。

今回は、3回にわたった大阪市の生活保護行政レポートの最終回として、就労指導と実施体制(ケースワーカー数)の問題を紹介する。就労指導は、生活保護を利用させないための手段であってよいのだろうか? それ以前に、生活保護行政の現場を預かるケースワーカーは、せめて人数だけでも十分なのだろうか?

生活保護申請から28日目の却下
理由は「稼働能力あり」

 2013年10月25日、30代の男性が大阪市浪速区の浪速区保健福祉センター(福祉事務所)を訪れ、生活保護を申請した。男性は約2年前に起こした過呼吸発作をきっかけとして、いくつかの身体的症状が重なった末、就労を継続することができなくなった。直近の1年間は全く就労できておらず、貯金もなくなっていた。しかし28日後の11月21日、男性の生活保護申請は却下された。

 浪速区では、28日間、男性に何の対応もしなかったわけではない。

 男性はまず、医療機関で受診して身体の状況に関する医師の意見を得るよう指示された。医療機関は浪速保健福祉センターが指定した。10月30日、その医療機関は浪速区に対して「病状調査結果報告書」を送付した。傷病名に関しては「身体表現性障害の疑い」とあり、所見は「身体的精査の結果、明白な身体因がみとめられておらず、上記診断を考える」であった。「身体表現性障害」とは、概ね、いわゆる「心身症」「ヒステリー」に該当する傷病である。しかし、その診断は一回の診察で下せるものではなく、考えられる他疾患の可能性を慎重に除去していったあとで確定する。医師が「疑い」としているのは、まったく妥当であろう。

 ただ、「身体的精査」を行ったという記述、さらに精神疾患の可能性に関する所見が皆無に近いところから見て、医療機関は精神科・神経科ではなく、内科か家庭診療科、または総合病院であった可能性が高い。なぜ、「疑い」とはいえ、精神疾患である「身体表現性障害」と結論づけることができるのか。筆者は大きな疑問を感じるところだ。補足しておくと、「身体表現性障害だから働けるはず」という推論もまったく成立しない。

 ついで11月7日、波速区保健福祉センターで会議が持たれ、「家庭訪問による生活歴及び身体状況等の把握及び検診命令等を考慮して、総合的に判断した結果、主(筆者注:男性のこと)には稼働能力が有ると判断する」と結論づけられた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧