ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

国、他自治体も注目する釧路市自立支援の今後は?
元ケースワーカーが語る生活保護制度への思い

――政策ウォッチ編・第53回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第53回】 2014年1月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

高齢化の進行、なかなか改善しない雇用状況、税収の減少――。地方都市の多くが、深刻かつ構造的な問題を抱えている。

釧路市もまた、そのような地方都市の1つだが、生活保護制度も活用した独自のプログラムのもと、地域全体を活性化するための活動を推進し続けている。

「生活保護制度は地域の希望、受給者は地域の宝」とする釧路市の取り組みは、どのようなものなのだろうか?また、改正生活保護法下で、その取り組みは今後どうなるだろうか?

困窮者支援の基本は
「何をしてあげられるのか」

 「釧路市の自立支援の取り組みは、いろいろな方面から評価されています。他の自治体などの視察、2013年は80件ありました。国からも評価していただいています。『困窮者の自立支援という難しい課題に取り組み、成果を上げてきた』ということで。でも、そんなに難しいんでしょうか? 難しいと考えること自体が、ちょっと違うんじゃないかと思うんですよね」

 釧路市生活福祉事務所主幹・佐藤茂さん(59歳)は、そう語りながら、ちょっと首を傾げる。

佐藤茂(さとう・しげる)氏。釧路市市役所福祉部生活福祉事務所・主幹。1954年生まれ。1976年、釧路市役所に就職。2000年生活福祉事務所へ異動。2010年より主幹。
Photo by Yoshiko Miwa

 「役所はしばしば『タテ割り』と批判されますけど、たとえば納税課に『税金を払えないんです、待ってください』という市民が来た時、『生活保護を受けてはどうですか?』という職員も、中にはいます。でも、言った本人が、生活保護の仕組みをよく知っているわけではないんです。そういうタテ割り行政の仕組みは、変えていかなきゃいけません。つまり、連携することが大切なんですよね」(佐藤さん)

 役所の窓口では、生活に困窮した人々をまず受け止めて、助ける必要があれば助ける。その原則がはっきりしていないから、さまざまな問題が起こる。それが、佐藤さんや櫛部武俊さん(前・生活福祉事務所主幹、本連載第46回参照)の感覚だ。

 でも、釧路市も最初から、生活に困窮した人々を「まず受け止める」という考え方を持っていたわけではない。

 「昔の役所はどこでもそうだったと思うんですが、福祉事務所や保護課は別枠という感じでした。『そこへ行くのは悪いことですよ』みたいな。あまりプラスイメージはなくて、『何かあったからじゃないの?』というような。よく言われる『NHK職場』、納税、保護、国保。市民とお金の絡む場面で向き合う部署は、みんな行きたくない職場のベスト3でしたね」

 そういう、どちらかといえばネガティブなイメージの強かった生活福祉事務所は、今、釧路市役所の中で最も注目されていると言っても過言でもない。その注目されている生活困窮者支援のエッセンスは、何なのだろうか?

 「簡単です。『その人に何をしてあげられるのか』ということに立ち返ればいいだけです。そんなに難しいことではありません」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧