ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

ニフティのブランドはもはや通用しない?
富士通に見るスクラップ・アンド・ビルドの必要性

高田直芳 [公認会計士]
【第136回】 2014年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2014年に3回目を迎えた将棋の電脳戦。コンピュータ・ソフトが1勝4敗と圧倒的な強さを見せた。将棋はこのまま人工知能の軍門にくだってしまうのだろうか、と筆者などは懸念してしまう。

 そうした素人の考えに対して、羽生名人の次の言葉が振るっている。「そのときは桂馬が横に飛ぶとか、ルールを少しだけ変えればいいんです」(週刊ポスト、2014年5月2日号)

 不世出の天才の言葉だけあって「なるほどなぁ」と感心する。室町時代まであったとされる「醉象」という駒を復活させる手もあるわけだし。

 現代の将棋は洗練され、必要最小限の駒の数とルールの下で行なわれている。それらは人が定めたものなのだから、人が変えることも自由だ。

 ほんの少しルールを変更するだけで、コンピュータ・ソフトに蓄積された膨大なデータ(具体的には棋譜)はすべて灰燼に帰す。流行(はや)り廃(すた)りはあるものの、将棋や囲碁はこれからも筆者を楽しませてくれそうだ。

 そうした娯楽を普及させる手段であるエレクトロニクスにも、流行り廃りがある。次の〔図表 1〕と〔図表 2〕は、内閣府『統計表一覧:消費動向調査』に基づいて、ロジスティック曲線を描いたものだ。

 ロジスティック曲線の描きかたについては、拙著『高田直芳の実践会計講座/戦略ファイナンス』(日本実業出版社)367ページ以降を参照願いたい。拙著では、ロジスティック曲線が急速に立ち上がるものをベストセラー型、そして、ゆっくりと普及するものをロングセラー型と分類している。

 〔図表 1〕で描かれるカラーテレビ(緑色の折れ線)はベストセラー型であり、ルームエアコン(青色の折れ線)はロングセラー型である。いずれも相対的な解釈である点に注意してほしい。

 乗用車(赤色の折れ線)が、図表の右端(2014年)で80%を割りそうな傾向を示しているのが興味深い。若者の車離れを暗示しているようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧