ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ

習近平が尊敬するリー・クアンユーが
10年前に指摘した中国社会の“病巣”

加藤嘉一
【第33回】 2014年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国共産党が参考にする
「シンガポールモデル」

 7月末、私はシンガポール共和国にいた。

 赤道直下に位置するため、年間を通じて高温高湿。少し走っただけで全身がびしょびしょになってしまう。この季節なのに、日の出は7時ごろと遅めだ。

 高層ビルが立ち並び、交通などのインフラは便利で、緑が随所で見られる。「都市設計」の四文字を赤裸々に感じさせる街並みだ。法律やルールで秩序や安定が維持されている。先進国の匂いがする。人口は約550万人、一人あたりのGDPは5万ドルを超える。税制面における優位性から、最近は欧米などの富裕層がこの土地に移住してきている。若い日本人起業家もスタートアップを立ち上げるべくシンガポールに流れてきている。そして言うまでもなく、投資、就業、留学、観光など多種多様な動機で訪れる中国人をそこら中で見かける。シンガポールの中心部に位置するチャイナタウンは聞き慣れた“北京語”で溢れていた。

 新しい建築物や地下鉄のラインの建設が進んでおり、まだまだ発展していくイメージだ。一方で、数年前まで見られた道端の小さな食事処やお土産屋さんの多くが姿を消していた。地価が上がりすぎてしまい、特色ある小さい店はやっていけなくなっているためだ。ある地元の市民はシンガポールの未来に対して「物価はどんどん上がり、私たちの生活は苦しくなっている。場所もなくなってきた。これから何を、何処に拡大しようというのか」という疑問を呈していた。

 英語、中国語、マレー語、タミル語を公用語に設定している。多様性を保ちながら発展してきた都市国家も、来年度(2014年)で50歳になる。“建国の父”であるリー・クアンユー初代首相(1923年9月16日~)はどんな思いでその時を迎えるのだろうか。

 「開発独裁」とも称される権威主義的体制の下、政治的には事実上の一党独裁で、経済的な繁栄を続けてきた。

 社会主義市場経済を掲げる中国では「シンガポールモデル」と呼ばれ、中国共産党は指導部から中堅官僚まで、その発展モデルを大いに参考している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ

21世紀最大の“謎”ともいえる中国の台頭。そして、そこに内包される民主化とは――。本連載では、私たちが陥りがちな中国の民主化に対して抱く“希望的観測”や“制度的優越感”を可能な限り排除し、「そもそも中国が民主化するとはどういうことなのか?」という根本的難題、或いは定義の部分に向き合うために、不可欠だと思われるパズルのピースを提示していく。また、中国・中国人が“いま”から“これから”へと自らを運営していくうえで向き合わざるを得ないであろうリスク、克服しなければならないであろう課題、乗り越えなければならないであろう歴史観などを検証していく。さらに、最近本格的に発足した習近平・李克強政権の行方や、中国共産党の在り方そのものにも光を当てていく。なお、本連載は中国が民主化することを前提に進められるものでもなければ、民主化へ向けたロードマップを具体的に提示するものではない。

「加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ」

⇒バックナンバー一覧