ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

まずは、打つ。それから、狙う。

~ プラス1%の企画力 No.005 ~

中谷彰宏 [作家]
【第15回】 2008年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第2弾は、「企画力」です。企画力と一言でいっても、「本当の企画力とは何か」をわかっている人は多くありません。企画した“つもり”になっている人が非常に多いのです。人に感動を与えたり、人を楽しませたりできる、質の高い企画を生むためには、「1%でもいいからプラスしたい」という強い思い入れが重要。これまで、数えきれないほどの企画を自ら作り、またさまざまな人たちの企画も見てきた経験を持つ中谷彰宏が、「本当の企画力とは何か」を伝授します。


まずは、打つ。 それから、狙う。


 企画は、狙ってはダメです。まず、打つことです。ついやりがちなのは、「狙ってから、打つ」です。でも、これは企画のやり方としては間違いです。

 企画で大切なことは、「打ってから、狙う」感覚です。打ってみると、どれぐらいはずれるかわかります。打ったら、はずれます。バサバサと飛び立つ鳥が出てきたら、次を狙って打てばいいのです。
 
 1発目から当てる必要はないし、当てようと力んではいけません。1発目から狙っていると、はずれたショックが大きすぎます。

 「ああ、はずれた」となって、2発目が出ません。最初から狙わず、ただ打っただけなら、はずれても別にいいわけです。それぐらい軽い気持ちでやるのです。
 
 普通は狙わないと打ってはいけないのに、むちゃくちゃなやり方です。でも、とりあえず試しに打ってみようという気持ちでいいのです。

 「企画」という言葉はかたいです。もう少しフワーッと抜けたぐらいの感じでやってみるのです。「工夫」のほうが軽くて、力が抜けています。

 「企画部」までいってしまうと、かなり力が入っています。そうではなくて、すべてのことにちょっとした工夫をすればいいのです。

 料理で調味料をパパッとかける、これだけで違います。隠し味にちょっとお酒を入れるようなことです。「これが秘伝!」ということではありません。仕事の中で、あとひと工夫してみるのです。
 
 私は子供の時、町へ行って映画を見た帰りに、カレーを食べました。その時、ごはんがこっちに寄っていて、ルーだけこっちに盛ってある形を初めて見て、画期的だと感じました。そして、「これはオシャレだ、家でやってみよう」と思いました。

 妹のカレーを盛りつける時、ごはんを片側に寄せて、カレーを片側にして、お店のようにやってあげました。妹に「お店みたい」と言われ、「あっ、ウケた」とうれしかったです。
 
 次は、サラダをどこへ盛ればいいか考えました。こんなことが楽しかったのです。どう盛ろうがカレーはカレー、ごはんの上にかけるだけです。
 
 でも、何か工夫すると、必ずウケてくれる人が出てきます。そのモチベーションで、企画力が磨かれるのです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧