ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―
【第3回】 2014年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

【第3回】
「3つの整頓」で、
やきとり屋が前年比2ケタ成長!
製本会社が売上10倍ってホント!?

1
nextpage

日本で初めて「日本経営品質賞」を二度受賞、12年連続増収増益の株式会社武蔵野社長でありながら、指導500社中100社が過去最高益、13年連続倒産企業ゼロという“経営のカリスマ”小山昇氏。『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 を発売直後の著者に、「なぜ“3つの整頓”が大事なのか」を聞いてみた。

「物」「情報」「考え方」の3つを「整頓」する

 前回は、環境整備の「整理」についてお話ししました。今回は、私がここ数年、最も大事だと言っている「整頓」の話をしましょう。

 「整頓」とは……、

「いつでも、誰でも使える状態を保つこと」

 です。

 物の置き場所を決め、向きをそろえ、仕事がやりやすい環境を整えます。
「よく使うものは手前に置き、あまり使わないものは奥に」という具合です。

 「整理」が、やらないことを決めるための戦略なら、「整頓」は戦術です。
 整頓は、整理(戦略)で決めたことを具体的に実現することです。

 「整頓」するのは、次の3つです。

1.「物」の整頓
2.「情報」の整頓
3.「考え方」の整頓

◆1.「物」の整頓
 物を置くときに、「自発的に向きをそろえる社員」は武蔵野にはいません。
 ですから、名前、数字(数量)、色、記号などで管理して、置き場や置き方を明示しています。
 椅子、ペン、定規、ハサミ、ホチキス、ほうき、ぞうきん、本棚に至るまで、形をそろえることが大切です。

 「物はキレイに置こう」と指示を出したところで、キレイにそろうはずがありません。

 なぜなら、「キレイ」という感覚は主観的であり、人によって違うからです。

 したがって、整頓をするときは、誰がやっても「決められた場所に、決められた向きで置く」ための工夫が必要です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年年度)。「落ちこぼれ集団」を「12年連続増収増益」へ導く。指導500社中100社が「過去最高益」、「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年に開始した「1日30万円のかばん持ち」制度は、現在、約70人・1年半待ちの人気ぶり。年240回の講演・セミナーを開催。「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。著書に『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)など。
株式会社武蔵野


【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―

指導500社中100社が「過去最高益」! 日本初 「日本経営品質賞」二度受賞! 12年連続増収増益の秘密は、「朝一番の掃除」(=環境整備)にあった。“経営のカリスマ”小山昇が 「朝一番の掃除」で、ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密の一部を公開! <指導前> ⇒ <指導後> ◆3億円の「赤字」 ⇒ 3億円の「黒字」(建設) ◆12億円の在庫 ⇒ 在庫40%減! 売上40%増(卸売) ◆2か月間売上ゼロ ⇒ 売上3倍(物流)

「【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―」

⇒バックナンバー一覧