ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―
【第1回】 2014年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

【第1回】
日本初「日本経営品質賞」2度受賞の秘密!
「朝一番の掃除」7つのメリットとは?

1
nextpage

日本で初めて「日本経営品質賞」を二度受賞、12年連続増収増益中の「株式会社武蔵野」社長でありながら、指導500社中100社が過去最高益、13年連続倒産企業ゼロという“経営のカリスマ”の小山昇氏。『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 を発売したばかりの著者に、「最強の組織をつくる方法」を聞いてみた。

日本企業を襲った「3大ショック」
にひるまず「12年連続増収増益」!

 2007~2014年、日本経済は100年に一度と言うべき、「3大ショック」に襲われました。

◆1.リーマン・ショック(2008年9月)
◆2.東日本大震災(2011年3月)
◆3.消費税が8%にアップ(2014年4月)

 王者のトヨタ自動車でさえ、一時はどん底に突き落とされました。
 小さい会社なら、なおさらつらく苦しい7年だったでしょう。

 2015年10月には消費税が10%になる見込みですから、経営を取り巻く環境は厳しさを増していきます。

 しかし、私が社長を務める「株式会社武蔵野」は、3大ショックにもひるむことなく、12年連続で増収増益を続けています。

 激変する経営環境の中で、それでも「増収増益」を確保できているのは理由があります。それは、

「社長の価値観を全社員が共有している」

 からです。

 社長と社員の価値観がそろっていると、会社の存続を揺るがす危機が起きたときでも、すぐに一丸となって社長の指示どおりに動くことができます。

 トップの私が「右を向け」と命じれば、ただちに全員が右を向く。そして社員は命じられたことに疑問を挟まず、的確かつ迅速に実行する……。

 だから武蔵野は、強いのです。

 一方で、価値観がそろっていない組織は、いざというピンチに直面したとき、しのぐことができません。結束する力が弱いからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年年度)。「落ちこぼれ集団」を「12年連続増収増益」へ導く。指導500社中100社が「過去最高益」、「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年に開始した「1日30万円のかばん持ち」制度は、現在、約70人・1年半待ちの人気ぶり。年240回の講演・セミナーを開催。「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。著書に『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)など。
株式会社武蔵野


【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―

指導500社中100社が「過去最高益」! 日本初 「日本経営品質賞」二度受賞! 12年連続増収増益の秘密は、「朝一番の掃除」(=環境整備)にあった。“経営のカリスマ”小山昇が 「朝一番の掃除」で、ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密の一部を公開! <指導前> ⇒ <指導後> ◆3億円の「赤字」 ⇒ 3億円の「黒字」(建設) ◆12億円の在庫 ⇒ 在庫40%減! 売上40%増(卸売) ◆2か月間売上ゼロ ⇒ 売上3倍(物流)

「【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―」

⇒バックナンバー一覧