ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気になるあの人の才能の磨き方
【最終回】 2014年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
長谷川敦弥

書道家、紫舟氏インタビュー
鍵っ子だったから才能が伸びた

1
nextpage

NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字をはじめ、さまざまなメディアや企業から依頼が絶えない話題の書道家、紫舟氏。彼女はどのような教育を受けて育ってきたのだろうか。
(聞き手は、子どもの学習支援や成人向け就労支援事業などを行う株式会社LITALICO代表の長谷川敦弥氏。構成は書籍オンライン編集部)

家の天井を見て
ひとり空想にふける子どもだった

紫舟(シシュ―)
書道家/アーティスト。日本の伝統的な
書を、意志を表現するアートとして、書画・
メディアアート・彫刻へと昇華させ、世界に
発信。主な作品は、NHK「龍馬伝」
「美の壺」、伊勢神宮「祝御遷宮」、
春日大社「祝御造替」、東大寺書初奉納、
日本政府「JAPAN」など。手島右卿賞や
G1サミット新世代リーダーアワードなど
受賞歴多数。今年は、10月代官山
ヒルサイドテラス個展、11月NY個展、
12月宮崎都城個展、そしてフランス・
ルーヴル美術館地下会場カルーゼル・デュ・
ルーブルにて作品展示予定。
ウェブサイト
http://www.e-sisyu.com/

長谷川 紫舟さんは、どのようなお子さんでしたか。

紫舟 両親が共働きだったので、私は幼稚園の頃から鍵っ子だったんです。家に帰っても誰もいないので、寂しさや退屈さを紛らわすためにひとりで遊んでいる子どもでした。部屋に埋め込まれているガラスブロックや天井の柄を見て何かを空想したり、いらなくなったボタンの色を分類したり、大きさ順に並べたりしていました。

長谷川 お店で売っているようなおもちゃでは遊ばなかったのですか。

紫舟 人形はありましたが、少なかったです。レゴブロックのような、組み立てて遊ぶようなものはありましたが、それくらいです。あとは両親が庭に砂場を作ってくれたので、砂場遊びはよくしていました。

長谷川 ご両親から、「家ではこう過ごしてほしい」という要望はありましたか。

紫舟 母親が自分の声で童話を吹き込んだカセットをたくさん用意してくれました。家に帰ったら聞くようにと。母親の声がするので大切に聞いていましたね。

長谷川 読み聞かせの代わりなのでしょうか。お優しい方ですね。ご両親との関係はどうでしたか。

紫舟 母親はすごく優しくて、甘えさせてくれました。父親は「昭和の父親」像そのままという感じです。夕食はだいたいいつも一緒に食べていたんですが、父親とはあまり話していないですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


長谷川敦弥(はせがわ・あつみ) 

1985年生まれ、岐阜県出身。名古屋大学理学部卒業。大学を休学し、ITベンチャー企業にて3年間インターンシップを経験。卒業後、2008年に障害者支援企業のウイングルに入社。入社後わずか1年3ヵ月、24歳で代表取締役社長に就任する。「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げ「多様な教育機会と社会での活躍」というワンストップサービスを提供し、福祉、教育分野に変革を起こしている。「世界を変え、社員を幸せに」が理念。尊敬する人物は坂本龍馬、孫正義。


気になるあの人の才能の磨き方

突き抜けた才能の持ち主は、子どもの頃、どのような教育を受けてきたのだろうか。大人になった後も、どのように才能を磨いているのだろうか。障がいのある子どもの才能を伸ばすべくオーダーメイドの幼児教育を行なう株式会社LITALICO(旧社名:ウイングル)の長谷川社長が、各分野で偉業を達成した「天才」たちに話を聞き、「才能の磨き方」を探る。

「気になるあの人の才能の磨き方」

⇒バックナンバー一覧