ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

あなたは「スマホの奴隷」になっていないか!?
異色のスマートウォッチが問う「ネットとの距離感」

ダイヤモンド・オンライン編集部
2014年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「このタイミングを待っていました」

 9月初旬、純国産スマートウォッチをこの冬発売するベンチャー企業「ヴェルト(VELDT)」の野々上仁・代表取締役社長は、そう切り出した。

 アップルからついに「アップルウォッチ」が発表され、スマホメーカー各社も腕時計型端末やスマートグラスを相次いでバージョンアップしている。いよいよウェアラブル端末の普及に弾みがつきそうな状況だが、当然競争も激しくなりそうだ。新興企業は埋没してしまいそうな気もするが、野々上社長に不安の表情はない。

アナログ時計に
小さな表示部を付けた

「VELDT SERENDIPITY (ヴェルト・セレンディピティ)」 アナログ時計部分は通常の腕時計と同じボタン電池で動作する。スマホとの無線通信技術は一般的な「Bluetooth 4.0 Low Energy」を採用。現在連携できるのはiOS7以降のiPhoneとiPadだが、Androidにも対応予定

 ヴェルトは、どんなスマートウォッチを作ったのか。

 12月に発売を予定している第1弾「VELDT SERENDIPITY (ヴェルト・セレンディピティ、以下・ヴェルト)」の最大の特徴は、普通のアナログ時計と同じ、リアルな文字盤と針を備える「アナログウォッチ」であること。

 スマートウォッチといえば、フェイス部分が小さな液晶のタッチパネルというのが定番だが、ヴェルトはあえてアナログにこだわる。情報表示は、たった1行の細いモノクロディスプレイが文字盤の中にあるだけだ。この組み合わせを見て、1980年代に「セイコー・ハイブリッド」という腕時計があったのを思い出した。

 見た目は「腕時計」そのものだが、スマホで受信したメールや電話の着信、SNSなどを通知するスマートウォッチとしての基本機能を一通り備えている。また、時計に内蔵されたセンサーが身体の活動量を測定し、スマホアプリに転送するヘルスケアの機能もある。

 だが、見てわかるとおり、他のスマートウォッチのようにメールの内容を読んだり、SNSに応答するようなことはできない。

 「そういうことは、元々スマホでやるほうが適しています。この時計の基本コンセプトは、『スマホからの解放』ですから、多機能にしていって“腕に着けるスマホ”になってしまったら、本末転倒なのです」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧