ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

長期の攻防戦が予想される
LIXIL初となる大幅値上げ

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ついに山が動いた。9月26日、住宅・設備業界最大手のLIXILが、木造住宅やマンションの新築・リフォームに使う建材・設備機器の一部で、約6年ぶりとなる大幅値上げ(価格改定)を打ち出した。

LIXILの誕生で、サッシメーカーは3社に、衛生陶器メーカーは2社に集約された。流通業者にとっての選択肢は、実はそう多くない
Photo by Toshiaki Usami

 2011年4月に、トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアの5社が合併して新会社LIXILが発足してから初めての価格改定であり、全製品の10~20%が対象になる。

 LIXILは、2段階に分けて希望小売価格の改定率のアップを目指す。内訳は、14年11月1日受注分より、インテリア建材が2~4%程度、トイレ・洗面化粧台が3~5%程度、浴室が5%程度、タイル建材が10%程度、窓・シャッターが2~15%程度。15年2月1日受注分からは、窓・シャッターが2~6%程度、玄関ドア・引戸が3~5%程度、タイル建材が10~30%程度となる。

 国内では、すでにAGC旭硝子や日本板硝子などのガラスメーカーや、YKK APなどの窓・サッシメーカーが、この秋より建築用ガラスの価格を10~20%程度引き上げる方針を打ち出していた。

 LIXILの価格改定で、最も値上げ幅が大きいのは、断熱性や遮熱性に優れる“建築用複層ガラス”で、12~15%程度と強気の姿勢で臨む。それもそのはず、ガラスは、原材料のほぼ全てを輸入に依存しており、各種加工のための燃料価格も高騰しているからだ。それで、「もはや企業努力のみで吸収することは限界」(LIXIL)という大義名分が立つし、値上げの正当性も訴えやすくはなる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧