ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

LIXIL電光石火のM&A
海外1兆円への有言実行

週刊ダイヤモンド編集部
2013年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「グローエ買収は世界進出の足がかりになる」と強調した藤森義明社長兼CEO
Photo:REUTERS/アフロ

 住宅設備最大手のLIXILグループが“公約実現”に向けて着々と動いている。

 市場からは無謀とされた「2015年に海外売上高1兆円」という大目標を掲げ、海外案件の大型M&Aを積極化。9月には独住宅設備機器大手のGROHE(グローエ)を約3800億円で買収、海外売上高が4000億~5000億円程度に押し上げられる見込み。今後は内部成長で同7000億~8000億円程度を目指す計画だ。

 グローエは欧州市場で15%のシェアを握る水栓金具を筆頭に、浴室やトイレを手がける欧州最大の水回りメーカー。優れたデザイン力を武器に高級分野で名をはせる。11年には中国のトイレメーカー、JOYOU(ジョウユウ)を傘下に収め、中国で2ブランドによる事業展開を進めている。

 「住生活に関わるすべての製品で、世界で1位、2位のブランドを手に入れた。北米、中国、欧州を中心とした世界基盤を構築した」と胸を張る藤森義明社長兼CEO。

 確かにLIXILは、09年には米大手トイレメーカー、アメリカンスタンダード(アメスタ)のアジア部門を176億円で、11年には欧米でビル外壁事業を手がける伊ペルマスティリーザを608億円で買収。今年8月にはアメスタの北米部門も531億円で手に入れ、海外企業を買いまくってきた。

期限ぎりぎりで買収成立

 だが、今回の案件は一筋縄ではいかなかったようだ。欧州では7月ごろから、ファンドによるグローエの売却報道が相次ぎ、買い手には欧米の優良企業3~5社が候補に挙がっていたが、藤森社長は「一番のライバルはIPO(新規株式公開)だった」と言う。

 ファンドは最後までIPOの選択肢をはずさず、デッドラインが迫る中、時間ぎりぎりでLIXILへの株式売却を決めた。「2年間ずっと交渉してきた。買い手候補がどこかは知らないが、LIXILが金額でわずかに他を上回ったようだ」(藤森社長)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧