ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
初心者でもできる安心投資の鉄則
【最終回】 2007年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
金田健志郎

うまい話には気をつけろ!

1
nextpage

 シロウトの個人投資家が投資をする場合には、

 長期投資に徹する

ことを強く薦めます。なぜなら、

 「手数料」や「税金」がかなりかかる

ためです。仮に投資で儲かったとしても、「手数料」や「税金」を考慮すればマイナスということもありえます。インターネット上での日本株、為替、先物などの取引は、近年、手数料が大きく下がってきており、多くの人が売買を楽しんで(?)います。しかし、いくらネットトレードだといっても、やはり短期売買では、

 「手数料」が大きなネックになる

ことを頭に入れておく必要があります。さらに、

 損益が実現するたびに「税金」がとられる

ので、よほどの自信がある人でない限り、シロウトには短期売買はお薦めできません。さらに節税を心がけるならば、税務上、相互に損益が相殺できるものをポートフォリオに入れるのが得策です。例えば、個別株式、ETF、J-REIT、海外のヘッジファンド(会社型で上場分のみ)などです。

日本の国が向かっている
おそろしい方向

 現在の日本の債務は、2007年6月末で約836兆円もあるのです(財務省統計資料「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」より)。といっても、ピンとこない人も多いと思いますが、これを国民1人当たりの借金に換算すると約640万円になるのです。4人家族を標準とすれば、1世帯当たり2500万円以上の借金を負っていることになります。また、国内総生産(GDP)比で見た債務は163%(欧米では30~70%)という、驚くような数値になっています(OECD調べ)。まさに借金漬けです。個人で言うと、サラ金地獄の手前の危機的な状況にいます。

 このような巨額の負債を返済していくためには、(1)景気を良くして税収を増やす(景気が良くなる→会社が儲かる→より多くの税金を支払う)か、(2)インフレを誘引する(インフレによって国の借金の価値を下げる)か、または、(3)増税するしかないわけです。

 (1)景気の回復は一朝一夕にできるものではないし、また、(2)インフレを誘引すれば債券が下落し、国の利払い負担が増加するので困ります。となると、政府にとっては、(3)増税策しかないのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
お金のウソ

お金のウソ

中野晴啓 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、8/6~8/12)



金田健志郎

国内外の著名金融機関にて、株式、債券、為替、デリバティブといったさまざまな投資に携わってきた経験を通じ、独自の投資スタイルおよび投資哲学を確立。高度な技術をベースとしつつ、長期の定性判断に100%こだわった投資手法による、リスクを抑えた高収益の運用が特徴。現在も巨額の資金運用に従事している。米国証券アナリスト(CFA)。


初心者でもできる安心投資の鉄則

はじめの投資は安全第一!安心してできる投資法にトコトンこだわりました!大手金融機関のプロが、自分の会社でも薦めない投資商品をこっそり教えます。

「初心者でもできる安心投資の鉄則」

⇒バックナンバー一覧