ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

東電国際入札で外資参入
ガスタービン3社が激突

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「これまでなじみの薄かった地方電力会社も足を運んでくれた」。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の幹部は感慨深げにこうつぶやいた。

GE製のガスタービンが稼働する東京ガスのガス火力発電所、扇島パワー
Photo by Jun Morikawa

 舞台は、GEが14日に開いた電力部門の顧客向け説明会。GEが日本でこうした会を催すのは3年ぶりだったが、東京・麻布の会員制クラブには130人の関係者が集まった。参加者は想定を大きく上回り、「急きょ、会場のレイアウトを変更した」(関係者)ほど。

 参加者の目当ては、GEが世界トップシェアを誇る大型ガスタービンだ。国内では、原子力発電所が停止する中、全国各地で老朽火力発電所を、高効率のガス火力発電に更新する計画などが相次ぐ。このため、GEの製品群を知ろうと電力会社らが集まったのだ。

 GEは、すでに国内でも110基のガスタービン納入実績を持つが、東京電力や東京ガスなど大手企業向けが大半。今回は国内メーカーとの関係が深かった東北電力や北海道電力の担当者も参加しており、GEが喜ぶのも無理はない。

 「金融機関や商社からの参加が多かったのも大きい」とは別の関係者。金融機関もプロジェクトファイナンスなど、従来の電力会社による発電所案件とは違う形での融資を検討し始めているという。

 GEの堀江渉・北アジア電力事業本部長は「日本市場で存在感を打ち出したい」と意気込む。

次のページ>> 三菱日立は苦境脱却か
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧